心霊図書館」 ≫ 「岩間山人と三尺坊」  ≫ 「三尺坊と才一郎

三尺坊と才一郎

十八 拝領はいりょう衝立ついたて

 もなく才亮さいりょううらからもどりまして、

只今ただいま三尺坊さんじゃくぼうさまこれへらせられます。お姿すがたおがめませぬが、拝礼はいれいいたせとのござります。』

とのことに、一どうつつしんで御神前ごしんぜんって拝礼はいれいうえ座敷ざしきかえり、一しん真言しんごんとなえてりますと、しばらくして才亮さいりょうまたきたり、

只今ただいま皆様みなさまをお見立みたてもうげ、それぞれ才一郎さいいちろうから進上しんじょういたすべきものがあるそうでござります。』

 この吉報きっぽうに一どうますます有難ありがたがり、いよいよこえたか真言しんごんとなえたのでした。

 やがて才一郎さいいちろううら御神前ごしんぜんほうから座敷ざしきへとはいってました。そして泰治たいじまえって両手りょうていてもうしました――。

先生せんせいには永々ながながあいだわたくしにおひまくだされ、難有ありがとござりました。三尺坊さんじゃくぼうさまからもよく御礼おれいもうせとのおうせでござります。わたくし神位しんい今晩こんばんからおやまにおあずかりに相成あいなりましたから、以後いごわたくしもととおりただの門人もんじん思召おぼしめしくだされまするようおねがいたします。今晩こんばん御神前ごしんぜんててある御衝立おついたて三尺坊さんじゃくぼうさま御来臨ごらいりんのおしるし頂戴ちょうだいしたのでございますから、何卒どうぞそのおつもりで……。シテ今度こんどあらためて尾張国おわりのくに八ヶしょへおさずけになった八まいのおふだ御幣ごへい――これは柳田家やなぎだけ澤井家さわいけ御城おしろ澤井家さわいけ親類しんるい、三うら鈴木すずき宮新田みやしんでん中島なかじま伝馬でんまちょう丁目ちょうめへおげにござります。また対馬守つしまのかみ信心しんじんゆえそなえつつみつかわすとのおうせにござります。このおそなえは、おやまにて三尺坊さんじゃくぼうさまから天照てんしょう皇大神宮こうたいじんぐうさまへおそなえのおさがりで、わたくし頂戴ちょうだいしてまいりました。』

 そのはそれだけべて才一郎さいいちろうしんにつきました。よく早朝そうちょうがさめると才一郎さいいちろうはすぐに、

昨夜さくや御衝立おついたて三尺坊さんじゃくぼうさま平日へいじつもちいのしな御持参ごじさんしてくだかれたものです。』

もうしますので泰治たいじはじめ一どう神前しんぜんいっうやうやしく拝見はいけんすると、はたして一見事みごと衝立ついたていてあってまつつる絵画かいががついてました。なおそのさい八ヶしょのおふだきん御幣ごへい、お供物そなえものとう頂戴ちょうだいしたのでした。

 才一郎さいいちろうおもむろにくちひらきました。

昨夜さくや沢山たくさんなおそなえにて、実物じつぶつはそのままにしてありますが、いずれもにておたせになりました。なかにも金柑きんかんは一ばん神様かみさま思召おぼしめしかないました。御衝立おついたてほねはなはふるく千ねんほどをるそうですが、折々おりおりとりかえにりますからあたらしいものであります。みぎしなは一ねんに一ぐらい拝礼はいれいしてもかまいませぬが度々たびたびなりませぬ……。』

『では』と泰治たいじ恐懼きょうくいろうかべて『みぎ衝立ついたて社檀しゃだん奉納ほうのうすることにいたしましょうか。』

『さァそれがよろしいとぞんじます。――またこの八まいのおふだですが、三尺坊さんじゃくぼうさまおうせには、これは尾張おわりくに八所やところいまします御神おんかみやしろしょうして拝礼はいれいたてまつれとのござります……。』

 泰治たいじ質問しつもんはそれからそれへとつづきました。

今度このたび御山みやまにおはいりになるのはあなたお一人ひとりござるか?』

わたくしより年上としうえひと年下とししたひとあわせて三にんで、今度こんどみな結構けっこうなことになりました。昨夜さくや二十歳はたちになる一にん御方おんかた当宅ここへおでになりました。』

当宅ここ御出おいでになりましたか。へんられましたか?』

 才一郎さいいちろうわらって、

かみほうからはよくえますが、人間にんげんほうからはえますまい。ただゆるしがるとえるだけです。今度こんどは三にんともみな国元くにもとへおかえしになりました。』

『その方々かたがた最初さいしょから同時どうじにおやまへおでになりましたか?』

左様さようございます。三にんともみなほぼ同様どうよううえです!』

『一たい何地どちらのおかたです?』

いずれも西国さいこくのものです。只今ただいまもうさずともいずれそのうち身元みもとれましょう。去年きょねんわたしたけッかかってましたときはお仲間なかまさまわたし身体からだっててくれたのだそうで、その風評うわさはおやまでききました。そのさい先生せんせいが、たッた一人ひとり門人もんじんゆえ何卒どうぞ生命いのちばかりはおたすけくださいとおねがいくだすったそうで、その御恩ごおんけっして疏末そまつおもうなとおやま所中しょっちゅうおうせつけられてります。わたくし神通力じんつうりきは、当分とうぶんあずけになってりますが、まん父師ふしうえ危難きなんでもあるせつは、神通力じんつうりきあらわしてたすけてもよろしいが、その何事なにごとありても、それをしてはならぬときびしくおうせられてります……。


戻る

目  次

次へ


心霊図書館: 連絡先