心霊図書館」 ≫ 「岩間山人と三尺坊」  ≫ 「岩間山人と寅吉

岩間山人と寅吉

 一 はしがき

 平田ひらた篤胤あつたね全集ぜんしゅうなかにもおさめられてりますから、すでにこの不思議ふしぎ物語ものがたり御読およみのかたが千にん一人ひとりや、万人まんにん一人ひとりはおりでしょうが、今日こんにち心霊しんれい参考書さんこうしょ』を刊行かんこうするにつきましては、日本にほんだねではゆびこの物語ものがたりくっするよりほかいたかたがありますまい。じゅん科学的かがくてき材料ざいりょう取扱とりあつかったとはもうされぬかもれませぬが、徳川とくがわ時代じだい国学者こくがくしゃまた神道家しんとうかなかで、平田ひらたおうほど真剣味しんけんみもっきた材料ざいりょうきた事実じじつってかかったひとはありませぬ。くてもわるくても、日本にほんでは心霊しんれい問題もんだい研究者けんきゅうしゃたいして、この「一ぺん物語ものがたり」を参考さんこう資料しりょうとしてだいばん提供ていきょうするのがけだ正当せいとうでありましょう。

 平田ひらた篤胤あつたねおう事蹟じせきここ紹介しょうかいするにはあまりにぎてります。おう幕末ばくまつ江戸えどかざった国学こくがくならび神道しんどう大家たいかであったこときわめてけぬひと鉅万きょまん資産しさんその著述ちょじゅつ出版しゅっぱん蕩尽とうじんしたこと、一本居もとおり宣長のりなが師事しじしたことまた本邦ほんぽう神祗じんぎくわしかりしはもとより、一ぱん鬼神きじん霊魂れいこん妖魅ようみとうかんする該博がいはくなる知識ちしきゆうしてことなどは、今更いまさら物珍ものめずらしげにてる必要ひつようはありますまい。またおうまごあた平田ひらた盛胤もりたね現在げんざい神田かんだ明神みょうじん社司しゃしつとめられてことも、おそらく御存ごぞんじのかたおおいでしょう。今回こんかい本会ほんかいが、日本にほん心霊しんれい事実じじつ蒐聚あつめ出版しゅっぱんしますのにきましても、盛胤もりたね御相談ごそうだんして、その快諾かいだく次第しだいであります。

 著者ちょしゃ平田ひらた先生せんせいよりは、むしとう物語ものがたり主人公しゅじんこうたる寅吉とらきちくんきて一げんべてことが、はじめて本書ほんしょひもとかるる人々ひとびと便利べんりであるかとかんがえられます。寅吉とらきちというのはけっして架空かくう人物じんぶつではありませぬ。江戸えど下谷区したやく軒町けんちょう莨商たばこしょう越中屋えっちゅうや與總よそ次郎じろうというひと次男じなんでありましたが、七さいとき、一怪人物かいじんぶついざなわれて常陸国ひたちのくに西茨城郡にしいばらぎぐん岩間村いわまむら愛宕山あたごやまという深山みやまったのであります。いざなわれたともうして、近頃ちかごろ流行りゅうこう拐誘かどわかしなどとは大分だいぶわけちがいます。拐誘かどわかしたうえたかばすなどというような、そンな娑婆しゃばくさはなしでなく、寅吉とらきち愛宕山あたごやま仙人せんにん弟子でしとなり、九年間ねんかん仙人せんにん修行しゅぎょうをしたのであります。『に! 仙人せんにん修行しゅぎょう! 仙人せんにんたなどというのは人智じんちいまひらけざる野蛮やばん時代じだい囈語たわごと、二十世紀せいき世界せかいだれがそンな莫迦ばかはなしを……』などと、憤慨ふんがいさるるかたがあるかもれませぬが、その憤慨ふんがいはしばらくおあずかりをねがいます。仙人せんにんだの、天狗てんぐだのというものの存在そんざいきとめたかたいでしょうが、此等これらのものの絶無ぜっむである事実じじつ証明しょうめいひとまたききませぬ。結局けっきょくこれは未解決みかいけつ問題もんだいなのですから、肯定こうていもせぬかわりにまた否定ひていもせず、寅吉とらきち仙境せんきょう異聞いぶんを一おういて御覧ごらんになるのがいかとかんがえられます。案外あんがい真面目まじめなる心霊しんれい研究者けんきゅうしゃ好参考こうさんこう資料しりょうたる価値かち充分じゅうぶんあるのであります。

 かく寅吉とらきち愛宕山あたごやま異人いじんもといたり、仙人せんにん修行しゅぎょうをすること前後ぜんごねん文政ぶんせいねんあき暫時しばし休暇きゅうかをお師匠ししょうさんからもらって江戸えどおやうちかえったのであります。そしてそのかん修得しゅうとくせるいろいろの事柄ことがらならび愛宕山あたごやま異人いじん仲間なかまのことなどをしゃべらしたのですから、江戸えど市中しちゅう評判ひょうばんとなったことはもうすまでもありませぬ。とうとう篤胤あつたねおうみみにもはいり、ンな事柄ことがらにかけてはのないひとですから、早速さっそく寅吉とらきち自分じぶんいえみ、同志どうし人々ひとびとともに、日夜にちや質問しつもん連発れんぱつ、一々これ筆録ひつろくしました。『寅吉とらきち物語ものがたり』はすなわその産物さんぶつであります。

 むかしいまおなじこと、かかる奇怪きかい事柄ことがらをそのまま信用しんようするひとばかりはありません。寅吉とらきちというやつ狡猾こうかつな一悪童あくどうで、よい加減かげん駄法螺だぼらいて、馬鹿ばか正直しょうじき篤胤あつたねおうだますのであるというもの相当そうとう沢山たくさんありました。しかしなが篤胤あつたねおうおよその高弟達こうていたち神祗じんぎならび祭式さいしきかんする諸般しょはん典礼てんれいなどを寅吉とらきちたずねてるに、その返答へんとうはいかにも精細せいさい綿密めんみつ条理じょうり井然せいぜんとしてり、学者達がくしゃたち夢想むそうだもせざりし神祇上じんぎじょう種々しゅじゅ秘伝ひでん事等じとうをも続々ぞくぞく物語ものがたるものですから、一がいこれけなしてしまわけにもまいらぬてんたしかにあるのでした。で、寅吉とらきち矢張やはり、山中さんちゅう霊域れいいきおい異人いじん薫陶くんとうけたものではあるまいかというせつが、一ぽうおい中々なかなか有力ゆうりょくであったのも、決して無理むりのない事柄ことがらでありました。

 またみぎ岩間村いわまむら愛宕山あたごやまというのが、古来こらいから天狗てんぐところだと見倣みなされてるのでした。厳密げんみつにいえば、そのもの天狗てんぐよりは一だん上位じょういにある山人さんじんというもので、仙人せんにんとも別種べっしゅだということですが、仙人せんにん同様どうよう神通力じんつうりきがあり、大抵たいてい場合ばあいには俗人ぞくじんにはかからず、日夕にっせき神道しんどう修行しゅぎょうをなし、ホンの時稀ときたま姿すがたひとせるだけであるということです。その山人さんじん頭領とうりょう杉山すぎやま組正そしょう弟子でしには高山たかやま左司馬さしま古呂明ころめいその沢山たくさんあり、かずさいよわいかさねて飛行ひこう自在じざいきわめたといいますが、無論むろんその素性すじょう本名ほんみょうわかりはしませぬ。いづれにしても不可思議ふかしぎきわまる連中れんちゅうで、事実じじつとするには手懸てがかりがうすきにぎ、さればとって、架空譚かくうたんとするには内容ないよう豊富ほうふぎ、また正確せいかくぎます。虚実きょじつさかい真偽しんぎ八衢やちまた――読者どくしゃ諸君しょくん間断かんだんなく批判ひはんひからして、この物語ものがたりをおみになるようおねがいたしてきます。


岩間山人と三尺坊

目  次

次へ


心霊図書館: 連絡先