心霊図書館 > 「心霊研究とその帰趨(神霊主義)」

心霊研究とその帰趨

   緒論

最後は心霊実験 …… 心霊常識普及の急務

 一、人間それ自身

肉体と自我 …… 人体の霊的調査 …… 自我の行使する四つの機関 …… 肉体 …… 幽体 …… 霊体 …… 本体

 二、人間の環境

人間の交渉範囲 …… 四大界 …… 幽界 …… 霊界 …… 神界

 三、霊媒の種類並に精神統一の理論と方法

霊媒の種類 …… 精神統一の目標 …… 形而下的用意 …… 形而上的用意 …… 精神統一の理論

 四、偶発性の諸異常現象

霊夢 …… 幽霊及幽霊屋敷 …… その他の異常現象 …… 異常現象の解釈 …… 詐術説 …… 幻錯覚説 …… 精神説 …… 交霊説

 五、敲音及び物質化現象

客観、主観両様の心霊現象 …… 敲音現象 …… 物質化現象 …… ケーティ・キング …… エステルとフランクリン …… その他の実例 …… パラフィン手型と指紋 …… 裏面の意義

 六、霊言現象

霊言現象の長所と短所 …… 入神講演 …… パイパア夫人 …… レナルド夫人

 七、自動書記現象

二様の形式 …… モーゼスの自動書記 …… ジュリアの通信 …… ウイングフィールド嬢 …… その他の自動書記霊媒 …… 内面装置

 八、霊視現象

距離を超越する霊視 …… 物体の透視 …… 超現象界の探検 …… 未来の透視 …… 霊視現象の内面装置

 九、卓子浮揚並に物品引寄現象

距離を超越する霊視 …… 物品の引寄 …… 人体引寄 …… 龜井霊媒の実験 …… 内面装置

 十、心霊写真現象

心霊写真の性質 …… 初期の写真霊媒 …… クルュー団 …… その他の写真霊媒 …… 内面装置

 十一、直接談話その他の物理的現象

直接談話の種々相 …… リイド夫人 …… バリアンタイン …… その他の直接談話霊媒 …… 内面的装置 …… その他の物理的現象

 十二、心霊研究のもたらす教訓

心霊現象は科学的事実である …… いかなる異常現象も自然の法則の現われである …… 各自は自我表現の機関として特殊の媒体を有する …… 各自の個性は死後に存続する …… 各自は永遠に向上進歩の途を辿る …… 死後の世界は内面の差別界である …… 各自の背後には守護霊がある …… 守護霊と本人とは不離の関係を有つ …… 幽明の交通は念波の感応である …… 超現象の各界には種々の自然霊が居る …… 高級の自然霊が人類の遠祖である …… 最高級の自然霊が事実上の宇宙神である …… 宇宙の万有は因果律の司配を受ける …… 宇宙の内部は一の連動装置をなしている …… 全大宇宙は物心一如の大生命体である

 十三、神霊主義の四大綱領

神霊主義の名称 …… 神霊主義の四要素 …… 大自然主義 …… 大生命主義 …… 大家族主義 …… 敬神崇祖主義 …… スピリチュアリズムの綱領と批判 …… 神は万有の祖 …… 人類は同胞 …… 人類は同胞 …… 死後個性の存続 …… 幽明交通と天使の司配 …… 各人各個の責務 …… 因果応報 …… 永遠の向上



心霊図書館 管理人