心霊図書館」 > 「冬籠」  >

〔三〕 東のぼり

(八)


 両親りょうしんともに健在けんざいというのが、ひさしいあいだ自分じぶんほこりであり、またひとからうらやまれるてんでもあったが、とうとうその一ぽうけてしまった。『ンなことったら、生前せいぜん彼様ああしてけばよかった、斯様こうもしたかった。せめてなかに、大本おおもとおしえがモウすこわかるまできててくれたなら……』

 ツイ愚痴ぐちやら追懐ついかいやらがおこちでこまった。

 それでも、さいわい大本おおもと信仰しんこうはいったおかげで、ひと霊魂れいこん生前せいぜんそのままの個性こせいびて、永久えいきゅう存在そんざいする事実じじつってるから、従来じゅうらいのような、たいして寂寞せきばく無常むじょうかんたれることなしにんだ。顕幽けんゆうへだたりこそあれ、矢張やははははいつまでも幽界ゆうかいのこるのだ。そして必要ひつようがあれば、おたがい交通こうつう出来できるのだとおもえば、かなしいとっても従来じゅうらいかなしみとは、全然ぜんぜん内容ないようことにしてた。たとえばとおところはなれてんでるような心持こころもちで、こころそこには、一しゅ希望きぼう光明こうみょうしてるのであった。

 従来じゅうらい友人ゆうじんなどが、そのおやうのをごとに、自分じぶんはよくかんがえたものだ。

いず自分じぶんにもははわかれ、ちちうしなうことがめぐってるに相違そういないが、そうした場合ばあいなんかんがえて、この人生じんせい悲事ひじしのげばよいのであろう。とはなにか? 死後しご如何いかん? ただ仕方しかたがないから仕方しかたがないでは、人生じんせいあまりに無意義むいぎでそして残酷ざんこくだ。このなぞけぬあいだは、るべくそンなことおこらぬようにしてもらいたいものだ……』

 神様かみさまはこのなぞけるのをって、ははわしてくだすった。さもなければ自分じぶん後半生こうはんせいはいかにみじめな、暗黒あんこくなものであったろう。

矢張やは愚痴ぐちなどはこぼさぬことだ。年齢としも七十三、人間にんげんとしてまァまァ仕方しかたのない年輩ねんぱいだ。そしてそれが大正たいしょうねんおこらず、またねんにもおこらず、いよいよ自分じぶん信仰しんこうこしすわった大正たいしょうねんおこったというのは、難有ありがたはなしだ……』

 丹波たんばから常陸ひたちまでやく二十時間じかん汽車きしゃたびなかに、自分じぶん精神せいしんほとん平静へいせい状態じょうたい復帰ふっきしたのであった。

 が、いよいよ生家うちいて、いたるちちかおまたしたるはは面影おもかげせっしたときは、おぼえずなみだこぼれた。

『あれ鼻血はなぢが……』

 亡母ぼうぼ面上めんじょうにかけてあった白布はくふを、けた瞬間しゅんかんちちはかくさけんだ。いてると、ほど亡母ぼうぼはなからくろずんだながしてた。

 肉身にくしんのものがいたときは、死骸しがいからかなら鼻血はなぢるものだとは、むかしからの伝説でんせつであるが、自分達じぶんたちいまのあたりその証拠しょうこせられたのであった。ツイ五分間ふんかんほどまえときには、鼻血はなぢなどはなかったそうな。

矢張やはほとけさんは可愛かわいひとくのをってたのでしょうよ』

 だれやらが感傷的かんしょうてき文句もんくいたので、一としきり一にははなをすするおときこえた。

 葬儀そうぎはそのあくもっ仏式ぶっしきおこなわれた。自分じぶんは二十年前ねんぜんはは手織ておりはかま羽織はおりおびなどをつけてこれのぞんだ。これしなは、自分じぷんきてあいだは、いかにふるびても大切たいせつ保存ほぞんし、ときにはそれをせてもらおうと、いまからこころめてる。

 一しん私事しじわたることを、自分じぶん少々しょうしょうぎたかとおもう。ただ最後さいごはは霊魂れいこんのことにつきて一ふでえてきたい。

 はは埋葬まいそう仏式ぶっしきったが、その霊魂みたま無論むろん大本おおもと祖霊社それいしゃまつかえもらった。肉体にくたいとしては、ははは一綾部あやべずにしまったが、しかその霊魂みたま屡次しばしば綾部あやべへやってる。つま幾度いくたびその姿すがたたかれぬ。起居ききょ風丰ふうぼうきてとき全然ぜんぜんどう一で、衣服いふくまでも見覚みおぼえのあるのをる。そして生前せいぜんせっざりし大本おおもとおしえに、霊魂みたまとして熱心ねっしんせっすべくつとめてるようだ。

 りゅうさき修斎会しゅうさいかい支部長しぶちょう飯田いいだりん自分じぶん従姉いとこあたり、亡母ばうぼからは実子じっしのように世話せわをされたものだが、はは霊魂みたま前後ぜんご数回すうかい飯田いいだ肉体にくたいかかってて、そのくち使つかっていろいろのことべたそうだ。其麼そんなときには言語げんご動作どうさとも、そっくり亡母ばうぼそのままになってしまい、つね座右ざうひとおどろかせる。一々その問答もんどうここ記述きじゅつするわけにもかぬが、ただ一つ筆先ふでさきにたいしてべたことだけ紹介しょうかいしてこう。

 はは霊魂みたまはしきりにお筆先ふでさき難有ありがたさをいたそうだ。お筆先ふでさきはられなかったばかりに、神様かみさまみちわからず、幽界ゆうかいはいってから、霊分れいぶん相当そうとう位置いちより、二だんばかりげられたということであった。

『あンな残念ざんねんなことはない。階級かいきゅうが一だんちがっても大変たいへんちがいで、それを幽界ゆうかいもどすのは容易よういことではない。しかし自分じぶんいまっているところ大変たいへんらくところで、うえればかぎりはないが、したてもまたかぎりがない。まァみな安心あんしんしてもらいます……』

 ははれいは、神恩しんおん神徳しんとく洪大こうだい無辺むへんなこと、すべてのひとはや信仰しんこうはいらねばならぬこと、幽界ゆうかい事情じじょう発表はっぴょう神則しんそくきんぜられてるので矢鱈やたら口外こうがい出来できぬこと、綾部あやべには屡次しばしばくので、その様子ようすはよくわかってことなどをきれぎれに物語ものがたったそうである。


前へ

目  次

次へ


心霊図書館: 連絡先