心霊図書館」 > 「冬籠」  >

冬籠

読者の為に(前篇「出廬」のあらましの事ども)


 れいれいしんずるにいたまでかれ生活せいかつには、少青年しょうせいねん中年ちゅうねん時代じだいつうじて、何等なんら疑惑ぎわく煩悶はんもんともなうことがなかった。しょう学生がくせいちゅう学生がくせいとなり、だい学生がくせいとなり、一人前いちにんまえ人間にんげんとなってで、おっととなりちちとなり、そのあいだ幾冊いくさつかの書籍しょせき著者ちょしゃともなり、ては海軍かいぐん機関きかん学校がっこう教官きょうかんとなって十有七年いくねんというものを、もうさば無為むいにしてくらしてたとうにぎない。不図ふとした因縁いんねんむすばれて、かれ大本おおもとおしえき、かみつなけられて、御筆先おんふでさき研究者けんきゅうしゃとなり、綾部あやべゆきとなるまでの、かれ心的しんてき変化へんか如何いかしくいたましく、つまた如何いかいさぎよかったか。物質ぶっしつ文明ぶんめい真唯中まっただなかに、ゆめごと生活せいかつらされたかれが、兀然こつぜんとしてれい目覚めざめて、現世げんせほか無辺むへん世界せかいさら見出みいだしたときかれれいは一たびおののき一たびおそれもしたであろう。そして振返ふりかってまじまじと自己じこみつめて、歴々ありありうかかれ過去かこ現在げんざい生活せいかつ無意義むいぎ想到おもいいたっては、掻挘かきむしりたきがゆさと口惜くちおしさとは、犇々ひしひしかれこころせまって、われのろわしさをかんぜずにはいられなかった。つぎ瞬間しゅんかんにはかれ驀然ばくぜんとして生活せいかつ更新こうしんさけげた。かれ物質ぶっしつ世界せかい脱却だっきゃくして、精神せいしん世界せかいへとこころざした。かれこころ岩戸いわとびらきが出来できて、綾部あやべ冬籠ふゆごもりえるまでいく月間げっかんかれ脇目わきめらず、ひたすらかみみちへとすすんだ。修業しゅうぎょうむにつれて、にちあたらしいかれ世界せかいひらけてた。かすみへだててはるかにながめられた神霊しんれい世界せかいて、いましたしく天地てんち大神おおがみおしえせつし、御姿みすがたのあたりにすることも出来できたのである。かれ歓喜かんき! かれ湧躍ゆうやく! そして『奈落ならくそこむかってしずみつつある世界せかい人類じんるい救済きゅうさいすべく微力びりょくかぎりをくさん』とのかれ不退転ふたいてん意気いき犠牲的ぎせいてき決心けっしんくしてられたのであった。

 大正たいしょうねんはるからあきにかけては、かれ大本おおもと入信にゅうしん予備的よびてき経験けいけん時代じだいともいうべきで、そのとしふゆからよくねんはるにかけては、科学かがく万能ばんのうかためられたかれ学問がくもん根柢こんていに、大分だいぶぐらつきしょうじた懐疑かいぎ時代じだいである。かれ遭遇そうぐうした家庭かていの一しょう些事さじたいしてさえ、いささその蘊蓄うんちくほこったかれ知識ちしき学問がくもんも、何等なんら権威けんい発揮はっきなかったことは、かれりてはすくなからぬ皮肉ひにくであり、矛盾むじゅんであり、不安ふあんでもあった。かれくなき知識ちしきよくは、どうしてこのまままされようか、現代げんだい科学かがく心理しんり哲学てつがく――其他そのたあらゆる現代げんだい文明ぶんめいたいする信仰しんこう裏切うらぎられ侮辱ぶじょくされたようなかれ意識いしきは、到底とうてい波立なみたたずにはいられなかった、かれ現象フェノメナってその本体ヌメナきわむることなしに、霊妙れいみょう不思議ふしぎとのみ感歎かんたんすることは出来できなかった。『しま羽織はおり小倉こくらはかまかたにはズックせい学生がくせいかばん』をかけた異様いよう風采ふうさいをした一旧知きゅうちって、丹波たんば綾部あやべかれはじめてみみにしたのは、丁度ちょうどこの時分じぶんである。

 すべてはかみのなさることである。因縁いんねん身魂みたま引寄ひきょせらるるかみつなかかっていようとは、そのころどうしてかれ想像そうぞうだもなしところであったろう。

 丹波たんば綾部あやべ! 大本教おおもときょう! 明治めいじ二十五ねん! 出口でぐち直子なおこ! 筆先ふでさき! かれりてはことひとつとして、驚心きょうしん駭目がいもくあたいしないものはなかった。かれ興味きょうみ研究心けんきゅうしんとは、極度きょくど緊張きんちょうし、極度きょくどひきつけられた。かれひさしからずしてれいれいかんじ、れいしんずるのほかなきこととなった。すなわ大正たいしょうねんはるなつあきにかけて、かれはあらんかぎりの精根せいこんかたむけて御神諭ごしんゆふけり、修業しゅうぎょうつづけ、霊的れいてき経験けいけんかさねて、ようやその心眼しんがんひらき、身魂みたまあらい、豁然かつぜんとして天地てんち惟神かんながら大道だいどう濶歩かっぽすることが出来できるようになったのである。そのとし十二がつ! ああしかり、愈々いよいよかれ横須賀よこすか旧廬きゅうろでて、綾部あやべ神域しんいきに一げて出立しゅったつしたのは、じつ大正たいしょうねんくれせまった十二がつのことであった。

 そのくもひくれ、初冬しょとうつめたい空気くうきまちみなとおおわれて、旅立たびだひとにも見送みおくものにも、感傷的かんしょうてき気分きぶんあたえるに十ぶんであった。名残なごりおしんで見送みおくおんなたちには、折柄おりからしたあめれてか、つゆ宿やどった。世捨人よすてびとにでもなるめの丹波たんばゆきとのみ思詰おもいつめているかのおんなたち心根こころねは、やさしくあわれにもあり、可笑おかしくもあった。これからこそ、意義いぎある真剣しんけんはたらきをするつもりでいるかれりては、別離べつりじょうはさることながら、なかなか気欝きぶせこころくもらするとうはしなかった。あさはやかれ産土神うぶすなかみへのおわかれと御礼おれい言上ごんじょうしたそれをもって、最早もはや横須賀よこすかにはすべての別離べつりじょしたつもりでいた。

 けれどもかれひとである。神業しんぎょう従事じゅうじするだけ、かれ情感じょうかんゆたかである。流石さすが汽車きしゃうごしたときに『くちにはえぬまたふでにもきつくせぬ千万せんばん無量むりょう感慨かんがい』はかれ胸臆きょうおくあっして、われらず車窓しゃそうこうべめぐらして、あめかすめる四辺あたり風光ふうこうかず振返ふりかえるのであった……。

 本書ほんしょ前篇ぜんぺん出廬しゅつろ」はかれ大本おおもと入信にゅうしんいた径路けいろ如実じょじつえがいた赤裸々せきらら告白こくはくろくで、つまりかれ綾部あやべ生活せいかつ序幕じょまく物語ものがたりである。本書ほんしょただちそのあとけて、大本おおもとびと真実味しんじつみある生活せいかつ発表はっぴょうといってい。「かれ」とはもうすまでもなく淺野あさの憑虚ひょうきょのことである。

(△ △)


冬籠

目  次

次へ


心霊図書館: 連絡先