心霊図書館 心霊小品集綾部を去る

心霊小品集

綾部を去る

 が、過去現在の大本教が何であろうとも、霊的体験を、ふんだんに供給してくれたことにかけては、私はどんなに感謝しても、感謝し切れなく、考えて居るのであります。信仰を求めて、大本に集った人達から云えば、あそこが立派な修行場でありましょうが、私から云えば、あそこは一の実験場で、信者はことごとく私の研究材料であります。大正六年頃は、集まってくる人数が、それほどでもありませんなんだが、七年八年となると、イヤ実験材料が集まる集まる、一日平均二三百人にも上るのですから、私に取りては、誠に以て難有ありがたい仕合せで、腕によりをかけて、片ッ端から神懸りの実験を試みました。何も知らない世人は、鎮魂などというと、世界で特殊の神秘的な霊術でもあるかの如く思われるかも知れませんが、実はある一二の形式をのぞけば、単なる一の精神統一法に過ぎないので、催眠術と云ったところが、座禅と称したところが、観法と呼んだところが、その根本の趣旨――即ち人間の霊肉一致の常態を打破し、心霊作用の発動を講ずる点においては、何等相違点はないのであります。私はむろん成るべく日本在来の形式を守りて、鎮魂の実修をすすめましたが、お蔭様で、大ざッぱではあるが、心霊学上の重大なる諸問題――例えば死後人間の幽体、並に霊魂が実在すること、それ等の霊魂は、生きている人間の躯に憑依すること、千里眼、透視、自動書記等という現象は、決して詐術の所産でなくして事実であること、現界、幽界、霊界等の間には、なかなか密接なる関係があることなどが、曲りなりにも、実地体験の上から、ドウやらはっきりと会得することがきました。はなは口巾くちはばッたい申分ですが、動物霊、そのほかの憑依現象を、世に発表したのは、私の方が西洋の心霊学者よりも、ちっと早かったようです。それもひとえに私が大本教の内部に居て、実驗の便宜を有したからで、私が烱眼けいがんめでも何でもありません。これにつけても、完全なる心霊研究所の設置は、目下の急務であると痛感されます。大ざッぱな、荒ごなしの実驗時代は、モウうに過ぎました。今更いまさら幼稚きわまる、大本流の鎮魂帰神法の修行でもありますまい。もッともッと着実精緻なる、純科学的の研究を、ドシドシ遂行するのでなければ、うっかりすると、欧米の学界の後塵を拝して、指をくわえて居らねばなりますまい。綾部を去るに臨みて、この感は、一層私の胸に痛切に湧き出るのを覚えます。


綾部を去る 4

目  次

綾部を去る 6


心霊図書館: 連絡先