心霊図書館」 》「 心霊小品集

心霊小品集

本書編纂について

 最近十数年間、故淺野和三郎氏の著に成るものは、主として心霊学の理論的方面に関するもので、所謂いわゆる文学的作品ではない。唯そのおもかげあるものに、『欧米心霊行脚録』あるが、れとて単なる文学を目指したものではない。

 淺野氏は心霊学の樹立に、畢生ひっせいの心血をそそいだのであるから、文学的作品をものすることなどは、けだの眼中に存しなかったことでもあろう。しかしながら、氏の文学的価値は、之を没し去るには、余りにも惜しい。本書はいささかなりとも、氏のうした方面に対し注意を払った積りである。

 とはいえ、本書採録にかかるものは、はば氏の昔ながら長養せる、文学癖の余技に過ぎないもので、とより氏の全貌を示したものとはいえぬ。

 本書には小説三篇、翻訳物五篇、創作五篇、及び『綾部を去る』の一篇を収む。小説篇は名は、小説なれども、いずれも心霊事実に基づいたもので、所謂いわゆる架空の小説ではない。の点読者の御留意をお願いして置く。

 翻訳篇は、また心霊に関する事実譚で、数多き中から、興味深かりそうなものを撰んで採録した。

 又創作篇に収むる各篇は氏の抱負、感想、信念の一端をうかがうに足るべきものがあると信ずる。

 最後に『綾部を去る』の一篇を収めたが、氏の半生は、綾部と切っても切れぬ因縁があり、氏が綾部を去って、十余年を経た後でも、世人は氏と綾部とを連想することを忘れない。されば氏に関心を有する人士ならんには、綾部につき、氏のいつわらざる告白を聞かんことを欲するであろう。ここに之を収むる所以である。

 本書刊行に当り、編纂の次第を一言することしかり。

        昭和十四年             編纂者記す


「心霊小品集」

目  次

再会(1)


心霊図書館: 連絡先