心霊学より日本神道を観る

浅野和三郎 著

 

底本:「心霊学より日本神道を観る」 心霊科学研究会
1938(昭和13)年06月05日初版発行

1967(昭和42)年11月03日三版発行

※「旧字体を、新字体に置き変えて底本の表記をあらためました。また、HTML版では、底本中の傍点表記を、太字表記に置き換えました。また、底本中のルビ と、入力者による振り仮名は、右の様に表示されます。   表示事例ひょうじじれい

※「この作品には、今日からみれば、不適切と受け取られる可能性のある表現がみられます。その旨をここに記載した上で、そのままの形で作品を公開します。」
 

 

    序

 本篇収むる所併せて十五篇。何れも雑誌『心霊と人生』誌上に発表されたものである。従来日本神道を説くもの少なからずといえども、未だ心霊学的に之を説いたものを見ない。しかして此に収められたる各篇、必ずしも、真正面から神道を説いたもののみとは限らないが、各篇相互連絡を保ちつつ、神道並に神に関連する事項に対し、各角度から観察を下し、以て綜合的理解に達せしめんことを期せるものである。

 日本の神の道は、元来超然として各宗教の上に位し、しかも其の真理は、各宗教の原理を包含して、綽々として余裕がある。是れ日本が、従来如何なる宗教をも包容し得たる所以である。しかして心霊科学は、単り各宗教の原理とするもののみに限らず、動もすれば宗教の排撃を受けんとする、あらゆる科学をも、其の懐裡に抱くことを辞せざるものなるが故に、神道の真を説かんとせば、心霊科学を以てするにあらざれば、幾ど不可能に属すと謂ふも、敢て過言ではあるまい。

 凡そ真理を攫得かくとくせんがためには、づ先人的な、一切の捕はれから脱却し、同時に自己の小主観を以て、概念的に他の排斥などを試むべきではない。真の神の道が闡明せんめいされずに、私達は余り久しきを過ごして来た。本書素よりその全般を尽したものとはいへぬが、日本神道の真髄丈は説き得たものと思ふ。読者幸ひに虚心坦懐きょしんたんかいを以て之を読破さるるならば、始めて日本神道の玄奥を髣髴ほうふつし得るであらうことを疑はない。

 昭和十三年五月

浅野正恭識

目 次

 

 神社と祈願  
 祈願の意義  
 日本神霊主義と祭祀  
 再生説と古神道 入力者注: 当編には、前編および後編に当たる部分が存在します。始めに「心霊文庫16 再生論の検討」をお読みになることをお勧めします。
 国家の守護神  
 日本民族の使命と信仰

  一 千古未曾有の大試練

  二 大家族主義的統治能力

  三 造化の三神と太陽系の主宰神

  四 二神誓約、国譲り、天孫降臨

  五 古典解釈の鍵

  六 邇々藝命の認識と信仰

 

 
 天孫降臨の神勅  
 信仰の対象  
 メースン氏の神道観につきて  
 霊媒の話  
 霊媒の取扱方につきて  
 筋の通らぬお国自慢  
 審神者の悲喜劇  
 神霊主義と神社問題  
 不徹底な祖神崇敬