心霊図書館」 > 「出廬」  >

はしがき


 自分じぶんが神霊の世界に目覚めかけてから今日に至るまで満五年になんなんとする。

 このあいだの境遇の変化思想の推移、覚れる時の歓天喜地かんてんきち、迷える時の煩悶苦慮はんもんくりょまた共鳴者を得たる喜び、誤解者にえる痛心落胆つうしんらくたん、さては何物にもえ難き胸底きょていの覚悟、生死を超越せる国家の大事――此等これら一伍一什いちぶしじゅうの体験をそのままに葬り去ってしまうのは余りに貴重であり、実質があり過ぎる。縦令たとえ千万人がこえそろえてきょうび、あざけり、パラノイアとそしり、誇大妄想こだいもうそうなずけようとて、一厘半毫はんごう自分じぶん信念しんねんきずつけることは出来ない。

 じつをいうと現在げんざい自分じぶんは五ねん以前いぜん自分じぶんとはことなり、何等なんら文筆上の野心やしんもなければ、また同情どうじょうすがらんとする女々めめしさもない。したがってふでるなどはいささ臆劫おっくうかんじもする、が折角せっかくかみからさずけられたる破天荒はてんこう経験けいけん――すくなくとも最近さいきん二千年来ねんらい地上ちじょう人類じんるい大多数だいたすうゆるされざりし特殊とくしゅ経験けいけん閲歴えつれきをそのままに黙殺もくさつるも、けっして神慮しんりょかなえるわざではないとしんずるから、大正日日たいしょうにちにち再刊さいかんとし、百忙中ぼうちゅうに一かんき、おものまにまに、ふではしらさんと決心けっしんした次第しだいである。まん途中とちゅう故障こしょうおこりて執筆しっぴついとまなく、編輯者へんしゅうしゃ読者どくしゃとに迷惑めいわくおよぼすおそれがありては相済あいすまぬ次第しだいであるから、るべく、一挿話そうわ事件じけんごと標題ひょうだいあらためて個々ここ独立どくりつせしめようとおもう。しかしそのじっ連続れんぞくせる自己じこ年間ねんかん閲歴えつれきつづものである。


出廬

目  次

次へ


心霊図書館: 連絡先