霊訓

解説


 近代の霊媒中、嶄然ざんぜん一頭地をいて居るのは、何と言ってもステーントン・モーゼスで、その手にれる自動書記の産物『霊訓スピリットティチングス』は、たしかに後世に残るべき、斯界しかいのクラシックである。日本の学会に、その真価がほとんど認められていないのは、はなは遺憾いかんである。が、原本はなかなか大部たいぶのものであるから、ここには単に要所だけを紹介するに止める。しも読者にして、ゆっくり味読みどくさるるならば、の分量の少なきを憂えず、得るところむしはなはだ多かるべきを信ずるものである。

 近代の霊媒の中で、モーゼスのごとき学者的経歴を有する者は、ほとんど一人もない。彼は一八三九年に生れ、十六歳の時に、ベッドフォードの中学に学んだが、その非凡の学才と勤勉とは、早くも学校当局の間に認められ、幾度か名誉賞を与えられた。一八五八年牛津オックスフォード大学に移るに及びて、その英才はいよいよ鋒鋩ほうぼうを現したが、過度の勉強のめにいたく心身を損ね、病臥びょうが数月の後、保養のために大陸を遍歴すること約一年に及んだ。そのうち六ヶ月はマウント・アソスの希臘ギリシア僧院で暮らし、もっぱ静思せいし休養きゅうようにつとめた。のちその司配霊イムペレエタアの告ぐる所によれば、同僧院にモーゼスを連れて行ったのは、霊達の仕業で、後年霊媒としての素地を作らしむるめであったとの事である。

 二十三歳の時帰国して学位を受け、やがて牛津オックスフォードを離れたが、健康がお全くすぐれないめに、医師の勧めに従って、田舎牧師たるべく決心し、アイル・オブ・マンのモーグフォルド教会に赴任した。在職中たまたま疱瘡ほうそうが流行して、死者続出の有様であったが、モーゼスは敢然として病者の介抱救護に当り、一身にして、牧師と、医者と、埋葬夫とを兼ぬる有様であった。その勇気と忠実と親切とは、当然教区民の絶大の敬慕をち得たが、健康が許さないので、一八六八年他の教区に転任した。彼は何所へ行っても、すぐれた人格者として愛慕されたのであるが、たまたま咽喉を病み、演説や説教を医師から厳禁されたので、止むなく永久に教職をなげうつこととなった。彼のロンドン生活はそれから始まったのである。

 彼がロンドン大学予備科の教授に就任したのは、一八七〇年の暮で、ここでも彼の人格と、学力とは、彼をして学生達の輿望よぼうの中心たらしめた。モーゼスが心霊上の諸問題に、興味を持つことになったのもその前後で、医師のスピーア博士と共に、しきりに死後の生命の有無、その他人生諸問題につきて討究を重ねた。彼の宗教心は飽くまで強いのであるが、しかし在来の神学的ドグマは、到底彼の鋭利えいり直截ちょくさいなる研究的良心を充たすに足りなくなったのであった。彼は自身霊媒たる前に、片端から知名の霊媒の実験に臨んだ。すなわち一八七二年、ロッテイ・ファウラァの実験を行い、つづいて名霊媒ウィリアムスの交霊会にのぞみ、次第に心霊事実の正確なることを認むるに至った。そのうち不図ふとしたことで、彼自身霊媒能力を発揮した。

 モーゼスの本領は自動書記であるが、しかし彼は、稀に見る多方面の霊媒であった。彼を通じて起った、主なる心霊の現象を挙ぐれば、(一)大小の敲音、(二)種々の光、(三)種々の香気、(四)種々の楽声、(五)直接書記、(六)卓子テーブル、椅子其他物品の浮揚、(七)物品引寄、(八)直接談話、(九)霊言、等を数えることができる。

 かかる霊媒現象が起こりつつある間に、彼は幾多の学界の創立に関与し、ことに一八八二年、『英国心霊協会』の創立に際しては大いに奔走の労を取り、又一八八四年、『ロンドン神霊協会』が組織された時には、直ちにその最初の会長に推された。又晩年には、今日尚お刊行しつつある『ライト誌』の最初の主筆でもあった。

 彼の晩年には、物理的心霊現象は全然止んだが、しかし自動書記現象は、その最後までつづいた。そのうち元来あまり健康でなかった彼の体力は、数回のインフルエンザのめに、回復し難き迄に衰弱し、かくて一八九二年、(明治二十五年)九月五日をもって帰幽した。

 右の如く、彼の経歴には、さして非凡というほどの事もないが、しかし彼のすぐれた人格と、又その行くとして可ならざるなき抜群の才識とは、まことに驚嘆に値するものがあった。彼は如何いかなる問題でも、これを吸収消化せずという事なく、常に渾身の努力を挙げて、その研究にかかつた。就中なかんずく彼が畢生ひっせいの心血をそそいだのは心霊問題で、これめには、如何いかなる犠牲をも払うことを辞せなかった。彼が多忙な生活中に、閑を割いて面会を遂げた政治界、貴族社会、学会、文学界、芸術界等の大立物のみでも幾百千というを知らなかった。要するに彼は一切の心霊問題に関して、当時の全英国民の顧問であり、又相談相手であった。

 一個の人格者としてのモーゼスも、又間然かんぜんする所がなかった。公平で、正直で、謙遜で、判断力に富んでいると同時に、又絶大の同情心にもんでいた。彼はいかなる懐疑者、煩悶者はんもんしゃをも、諄々じゅんじゅんとして教え導くにつとめた。当時一般世人から軽蔑されたスピリチュアリズムが、ようやく堅実なる地歩を、天下にむるに至ったことにつきてはモーゼスの功労が、どれって力あるか測り知れないものがある。彼は正しく斯界しかいの権威であると同時に、大恩人でもあった。

 さてこの『霊訓』であるが、これにつきては、モーゼス自身が、その序文の中で細大さいだいを物語っているから、参考のめに、その要所を抄出しょうしゅつすることにする。――

『本書の大部分を構成するものは、所謂自動書記と称する方法で受信したものである。これは直接書記と区別せねばならない。前者にありては、霊媒はペン又は鉛筆をるか、若くは片手をプランセットに載せるかすると、通信が本人の意識的介在なしに書き綴られるのである。後者にありては霊媒の手を使わず、時とすれば、ペン又は鉛筆も使わずに、文字が直接紙面に現れるのである……。

此等これらの通信は今から約十年前、一八七三年の三月三十日をもって、私の手を通じて現れ始めた。私がスピリチュアリズムに親しんでから約一年後である。私はその以前から、いろいろの通信を受けたが、この自動書記が便利であり、又保存のめにも都合がよいので、特にこれを選んだ次第である。敲音ラップもって一字づつ書き綴るのはわずらわしきに過ぎ、又入神にゅうしん状態じょうたいおいて口でしゃべるのは、その全部を保存し難く、又潜在意識の闖入ちんにゅうを、充分に防止し得るとは保証し難い所がある。

『私は一冊の手帳を求め、平生へいせいこれを懐中かいちゅうして居るようにした。そうすると霊気が浸潤しんじゅんして、筆の運びがはやいからである。敲音なども、平生へいせい使い慣れた卓子テーブルには早く起こり、又諸種の心霊現象も、霊媒自身の居室でやるのが、最も容易に起り易いものである……。

『最初自動書記の文字は小さくて不規則であったので、ゆるゆると気をつけて書く必要があり、肉眼で手元と、行間を注意して居るのであった。さもないと、すべてが混乱して、まとまりがつかないものになった。

『が、しばらく過ぎると、そんな必要はようやく消滅した。文字は一層小さくなったが同時に一層規則正しく、又綺麗になった。私はいつも、頁頭に質問事項を書いて置くと、これに対する解答が自動的に現れ、それには段落までつけてあるので、直ちに印刷にしても差支えないのであった。ゴッドという字は、いつも頭文字で現れ、いかにも敬意を表するがのごとく、それに限りて、ゆっくり書くのであった。取扱わるる題目だいもくは、ことごと高尚こうしょう純潔じゅんけつなものばかり、そして他人に示すよりも、私自身の指南車しなんしゃとしてよいものばかりであった。自動書記は一八八〇年まで連続的に現れたが、そのうちに気軽な冗談とか、洒落しゃれとか、野鄙やひな文句とか、頓珍漢とんちんかんな理屈とか、嘘や出鱈目でたらめとかは、私の知れる限りにおいて、全然痕跡もなく、いずれも皆真面目な教訓、又は忠言のみであった。

『初期の通信は、前にも言った通りみな細字ほそじで書かれ、その書体も均一で、Doctor, The Teacher, と署名してあった。この司配霊の手蹟しゅせきはいつも同一で、一見その人と知ることができた。彼は私にとりて一の実在であり、一の人格であり、その性情は、私が地上で接触する人間と同様に、顕著なる一つの輪郭をっていた。

『そうする中に、通信は他の人格からも送られるようになった。筆蹟、文体、語法等各々それぞれ皆特色がある。で、私には筆蹟だけ一瞥いちべつすれば、それが何者の通信であるかが、はっきり判るようになった。

『他界の居住者中には、直接私の手を使うことができず、レクタアと称する霊をして、代筆せしむるものも少くないのであった。けだしレクタアは通信の名手で、さまで私の体力を消耗することなしに、自由に通信を行うらしいのであった。不熟練の霊に使われると、通信もまとまりが悪く、又私の疲労も非常に強烈であった。従って多くの場合に、レクタアが代筆したが、ただ或る霊が初めて通信を試みるとか、又は特に通信を強調する必要を感じた場合とかには、当事者がみずから筆を執るのであった。

『但し、本書に収録された通信は、全部がイムペレエタアから出発し、そしてレクタアがその写字生をつとめたものである。他の場合、ことに通信の後期五年間においては、一団の霊達が各自自分の書体で通信を寄越よこした。

『通信を受取る時の状態は種々しゅしゅ雑多ざったであった。通則としては私が周囲と絶縁することが必要で、私の心が受身になればなるほど、通信が容易であった。最初は筆の運びが難渋であったが、間もなく器械的運動が勝を占め、一頁又一頁と、苦もなく書き綴られるようになった。

『最初此等これらの通信を、スピリチ ュアリスト紙に発表するに当り、通信者達は全部に修正を施したが、内容の実質には、少しの変化もなかった。ここに発表したものには全部個人関係の通信が省かれて居る。従って、最も力強く印象の深い部分が、自然除外されたことになったが、これは如何いかんともすることができない。活字にせられたものは、未発表の部分の単なる標本としてこれを取扱い、他日たじつ全部公開の機会の到来を待つより外にみちがない。

『私自身の観念が、果してこの通信に加味されているか否かは、興味ある研究課題である。私としては、その防止に全力を尽した。最初は筆記が遅く、肉眼で文字を見送る必要があったが、それでも、盛られた思想は、決して私の思想ではなかった。間もなく通信の内容は、全部私の思想と正反対の性質を帯びるに至った。が、私は依然いぜん警戒を怠らず、書記中に他の問題に自分の考を占領させるべく努め、難解の書物をひもといて、推理を試みつつあったが、それでも通信は、何の障害なしに、規則正しく現れた。うして書いた通信の枚数は沢山だが、それで少しも修正の必要なく、文体も立派で、時に気焔きえん万丈ばんじょう行文こうぶんの妙を極むるのであった。

『が、私は私の心が少しも利用されないとか、私の精神的素養が、少しもその文体の上に影響を与えないとか主張するものではない。私の観る所によれば、霊媒自身の性癖が、たしかに此等これらの通信の中に見い出されると思うが、これに盛られた思想の大部分は、全然私自身の平生の持論、又は信念とは没交渉であるばかりでなく、幾多の場合において、私の全然知らない事実がそのうちに盛られ、後で調査して見ると、これ等はことごとく正確であることが確かめられた……。

『私には、此等これらの書きものに対して、何等なんらの命令権もなかった。それは通例求めない時に現れ、強いて求めても、必ずしも現象が起こらないのである。私は出所しゅっしょ不明ふめいの突然の衝動に駆られて、静座して筆記の準備をやる。それが連続的に現れる場合には、私は通例つうれい早起して、毎日の最初の時間をそれに宛てる。へやはいつも祈祷に用いる専用のものである。すると多くの場合に通信が現れるが、しかし必ずしも当てにはならない。他の形式の現象が起こることもある。健康状態が面白くないと、無現象のこともあるが、そんなことはめったに起こらない。

『イムペレエタアと称する霊からの通信の開始は、私の生涯に一新紀元いっしんきげんかくするものである。それは私にとりて、精神的再生を遂げしめた教育期間で、爾来じらい、私はいかに懐疑的空想にふけることがあっても、心からの疑惑に陥るようなことがなくなった……。

此等これらの通信の現れた形式などは、深く論ずるに足りないであろう。その価値を決するものは、主としてその内容如何である。それは果して宇宙人生の目標を明かにし、永遠不朽の真理を伝えているか否か?……恐らく多数人士にとりて、此等これらの通信は全然無価値であろう。何となれば、そのうちに盛られた真理は、彼等には真理でないからである。他の一部の人達にとりて、此等これらの通信は単に珍らしいものというにとどまり、又或る人達の眼には、単なる愚談とえいずるであろう。私は決して一般の歓迎を期待して、本書の刊行をするものではない。私はただ本書を有益と考えられる人達のお役に立てば、それで満足するものである。』

 以上モーゼスの述べた所によりても明白である通り、『霊訓』中に収められてあるのは、原本の一部分に過ぎない。近年『霊訓』続編が出版されたが、これも一小部分である。原本の大部は、目下もっか英国心霊協会に保存されて居る。


「霊訓」

目  次

第一章


心霊図書館: 連絡先