霊界通信 小桜姫物語

舌代

 本物語はわば家庭的に行われたる霊界通信の一にして、そこにはいささかの誇張も夾雑きょうざつ物もないものである。が、の性質上記の如きところより、これを発表せんとするに当りては、亡弟もなり慎重な態度を採り、霊告による祠の所在地、並にの修行場などを実地に踏査する等、いよいよの架空的にあらざる事を確かめたる後、始めてこれを雑誌に掲載せるものである。

 霊界通信なるものは、純真なる媒者の犠牲的行為によってのみ信をくに足るものが得らるるのであって、媒者が家庭的であるか否かには、大なる関係がなさそうである。否、家庭的なものの方がむしろ不純物の夾雑きょうざつする憂なく、却って委曲を尽し得べしとさえ考えらるるのである。

 それは兎に角として、また内容価値の如何いかんこれを別として、亡弟が心を籠めて遣せる一産物たるには相違ないのである。今や製本成り、紀念きねんとしてこれを座右に謹呈するに当たり、この由来の一端を記すことしかりり。

 昭和十二年三月   淺野正恭


霊界通信 「小桜姫物語」

目  次


心霊図書館: 連絡先