心霊読本

第一篇 心霊研究とは何ぞや

四、世界に於ける心霊学界の現状

 近代心霊研究が過去においていかなる径路を辿りて発達を遂げたかは、以上の叙述でほぼ概念を伝え得たかと考えますので、今度は世界にける心霊学界の実状につきて一瞥いちべつを与えることにしましょう。これを一言にして尽せば、近代心霊研究は一の新興科学としてようやくく大成の域に近づき、従ってこれをヌキにして人間生活を営むことは、そろそろ時代錯誤の感を免れないところまで漕ぎつけたと言ってよいようであります。

 ず世界に於ける心霊研究会の分布状態を一瞥します。第一に挙げねばならぬは世界心霊大会でその第一回は一九二一年を以てコッペンハーゲン市に開かれ、爾後二三年置きに欧州の各都市で開催されつつありますが、残念ながら本邦からはまだ一度もこれに参加する運びになって居りませぬ。第二に挙ぐべきは各国の心霊研究会ですが、これは矢張やはり英米両国が最もよく整頓して居ります。英国は『英国心霊協会』を筆頭として、おロンドン、牛津オックスフォード等にも有力なる協会がそれぞれ設立されて居ります。米国では『米国心霊協会』が代表的なもので、これにぎてはカアリングトン博士の創立せる『米国心霊研究所』『ボストン心霊研究会』『バルティモアー心霊倶楽部』『クラアク大学心霊研究会』『加州心霊研究会』等十指を屈して余りあります。仏国ではジャン・マイヤーの創立せる『心霊協会』が中堅的存在で、他にも相当有力なのが六七を数えます。次に濠州、オーストリア、ベルジューム、カナダ、デンマーク、独逸、希臘ギリシャ、和蘭、ハンガリイ、スペーン、ブラジル、ベルギイ、南阿、メキシコ、アイスランド、アイルランド、インド、ポーランド、ルーマニア、ロシア、スコットランド、スウェデン、スイス等、一乃至三くらいの心霊研究会を有って居ります。日本では私共が大正十二年に創立せる『心霊科学研究会』がほとんど唯一の存在で、鶴見の本部を中心として、東京、大阪、高知、松山、佐伯等に支部を設けて居ります。

 次に心霊科学の専門学校としては、第一に一九二〇年マッケンジィ夫妻によりて創立されたロンドンの『心霊大学』を挙げねばなりません。同所では、各種類の専属霊媒、並に心霊学者を集めて、正規の心霊教育を行い、又霊媒能力の養成に当り、つ『心霊科学サイキック、サイエンス』と題せる機関誌を刊行して、斯学の普及のめに偉大なる貢献を為しつつあります。ステッドの創立せらるロンドンの『心霊相談所』が又その愛娘エステル・ステッド女史によりて継承せられ、多年実際方面の仕事にかけて有益な仕事をして居りましたが惜い哉最近閉鎖しました。近年の創立にかかるものに『エディンバラ心霊大学』がありますが、これ又講演実験にすこぶる目覚ましき活動を見せて居ります。それから見落してならぬのは北米の『モリス・ブラッド霊媒養成所』で、すでに顕著な業績を挙げつつあります。又英、米、独等の諸大学の中には、既に心霊科学の講座が設けたところもあり、しからざるものも多くは研究室を設けて、この新興科学の検討に従事する傾向が年々強まりつつあります。

 以上は主として学術的方面に就きて述べましたが、今度は近代心霊研究と不離の関係にある思想信仰の方面、即ち神霊主義的教化運動に就きて一瞥することにします。ず国際的には『世界神霊大会』があり、一九二三年以降三年置きに欧州の各地で開催され、通例二十余国の代表者がこれに参列して居ります。本邦からは一九二八年秋ロンドンで開かれた大会に、私並に福来博士が出場しました。次に各国につきて考察しますと、現在矢張り英米二国がこの方面の事業において断然トップを切って居ります。即ち英国全土には今や六百有余の神霊教会を算し、お年々驚くべき勢を以て増加しつつあります。どの神霊協会でも、毎日曜には必ず講演会を開き、又専属霊媒を用いて心霊実験を行いますので、会衆は常に場内に溢れ、一般民衆の間に容易ならぬ感化力を有して居り、思想信仰の中心として断然一般のキリスト教会を圧倒して居ります。就中有力な者は『ロンドン神霊協会スピリチュアリスト』『グロートリアン・ホール』『クエスト・クラブ』『ユニバーサル神霊教会』『マンチェスタア中央神霊教会』『ブリテン記念協会』などで、此等これらいずれも立派な講堂、研究室、図書館を有し、そしてそれぞれ専門の霊媒が出席して、連日研究者を迎えつつある有様であります。これでは英国民がドシドシ神霊化して行く筈で、すでにその影響は、顕著に社会の各方面に窺うことができます。

 英国ほど整頓はしていないが、神霊常識がなかなかよく普及して居るのは北米で、殊に東北地方の知識階級、中堅階級の間には、神霊主義が牢乎ろうこたる地盤を築いて居ります。神霊主義の本営キャムプはニューヨルク、カリフォルニア、ペンシルバニア等の十六州に置かれ、これに大小の支部が附属して、その数無慮五百を算します。これを観ても、北米合衆国を表皮的に観察して、単なる拝金宗の国、機械文明の国と思考する事は大早計であります。ことに油断のならぬは、北米人士の間からしばしば優れたる第六感の所有者を生み出すことで、その最大の代表者は、実にかの発明王エディソンであります。エディソンを生みたるものは、北米が有する有形の物資ではなくて実に無形の神霊主義的信仰だったのであります。

 英国にぎては仏国、独逸、伊太利、和蘭等が比較的よく神霊化して居ります。東洋方面の諸国は口に精神文化を唱えながら、実際は案外に物質主義にかぶれて居り、又わらうべき迷信の奴隷となって居り、その必然の結果として、文化的にはなはだ低劣なるを免れませんが、さすがに東洋の盟主たる日本国民の間には、近来国民的自覚が熾烈に擡頭だいとうし、唯物主義甲冑の中から脱出せんとする真剣なるあがきが、顕著に現れてまいりました。これははなはだ慶賀すべき傾向で、恐らく日本国民の神霊主義的転向は今後迅速に進展するかと思考されます。何となれば心霊科学の研究の結果として生れる近代神霊主義こそは、その精神骨髄において全然日本精神、又神ながらの道と期せずして符節を合するからであります。詮ずるところ日本国の将来の運命は、日本国民が名実ともにどの点まで神霊主義化するかによりて決しましょう。

 最後に私は現世界が有する斯界しかいの代表的学者研究者、並に優れたる霊媒につきて一瞥を与え、この篇をおえることにします。前にものべた通り、現在学者として斯界しかいの王座を占むるものは、何と言ってもサー・オリバー・ロッジで、その一言一行は独り英国のみならず、全世界の注目する所となって居り、又その心霊上の著述はすでに十余巻を数え、斯学の研究者に絶好の指針を与えつつあります。これぎては最近故人となった仏のリシエ教授、伊のポザノ教授、英のフレーザア・ハリス教授、米のカアリングドン博士マクドゥガル教授等が学者として群を抜いて居ります。斯学の解説者、又唱道者としては英の『ツー・ワールズ』誌のオーテン氏、『ライト』誌のガウ氏、著述家のアーサー・ヒル氏、最近に物故せるド・クレスピニイ夫人フインドレー氏ステッドマッケンジィ夫人ホルムス氏ジョンソン博士、米のクランドン博士ラインド博士等、あまりにも数が多過ぎて到底枚挙に遑なしであります。日本で心霊研究の口火を切ったのは福来友吉博士で、念写その他を学術的に確立せしめた功労は、まことに没すべからざるものがあります。

 霊媒としては、今から三四十年乃至四五十年前に現れたような、あんな大胆で、露骨で、そしてほとんど無鉄砲に近い大物はすくなくなりましたが、しかし精緻せいち的確てきかく、充分に学述的研究の目的に添うものは非常に沢山あります。昨年心霊写真霊媒として不世出の技能あるホープを失ったことは世界の大損失ですが、しかし英国はディーン夫人を有して居り、又二三の霊媒が現れて、その欠陥を補充しつつあります。霊言霊媒としては、何と言っても英のレナルド夫人嶄然ざんぜん群を抜いて居り、幽明両界の間にほとんど完全なる橋梁を架したかの感があります。その他幽霊の指紋作製、その他にかけて抜群の能力を有するボストンのクランドン夫人(マアジャリイ)マイヤースその他から貴重な通信を受取りつつある自動書記のカムミンス嬢、物質化霊媒として恐らく破天荒の力量ある、ポーランドのクルスキイ、入神講演のモリス夫人、霊視家として出群の誉ある英のロバーツ夫人、並にポーランドのオッソウィッキ氏等、いずれも一代の雄であります。直接談話ではヴァリアンタインリイド夫人ウッドワース夫人メーナ・テーフ嬢ペリマン夫人等々、あまりに数が多くてとても勘定ができない位であります。兎も角もう言った有力な能力者がかく沢山控えている以上、世界はうあっても神霊化せずには居られない筈であります。

 翻って日本を見渡しますと、半世紀以上にわたり、知識階級が挙って霊能者を無視したのと、又その正反対に民間信仰団体が矢鱈に不純性を帯びた霊能者を祭り上げて、布教宣伝のお御輿みこしに使ったのとで、心身共に鍛え上げられた見るべき能力者が、一時ほとん杜絶とぜつしたが、幸いに今日では私どもの努力がいささかむくいられて、ようやく幾人かの正しき霊媒が出来上りました。卓子及び物品浮揚、直接談話、その他の物理的現象の作製に堪能な亀井霊媒、霊視其他そのほか第六感的能力にかけてほとんど人間離れのした北村霊媒、招霊にすぐれた小林霊媒、霊視並に物品引寄の本吉霊媒……此等これらの人達は、世界の何処に持ち出しても決してヒケは取らないのであります。ほかにも新進の能力者が漸次養成されつつありますので、わが日本の神霊化もそろそろ目睫もくしょうの間に迫りつつあるものと考えて、さして大過ないようであります。何となれば、たった一の正確なる科学的事実の前に、人生千古の謎はドシドシ解決されて行くからであります。神霊運動の最大の強味は実にその点に存します。


第一篇(三)

目  次

第二篇(一)


心霊図書館: 連絡先