心霊読本

本書編輯につきて

 本書の著者故淺野和三郎は本書の一部を『心霊と人生』誌上に発表したが、これはもともと雑誌に掲載する目的をもって執筆したものでなく、初めは単行本として発行する意向であったらしい。

 雑誌に発表後、単行本としての体裁に書き改めた原稿が、別に遺されてある。そしてそれにはあらたに書き加えられた事柄もすくなくはない。が、未だ全く稿を終るに至らず、第三篇十二までで筆が止まってる。

 第一篇の四『世界に於ける心霊学界の現状』中、我国の霊媒として亀井、北村、本吉、小林の四氏が挙げられてあるが、本吉、小林両氏にはまだ筆が及んでらない。で、の欠を補うべく両氏に関する記事を、私は粕川章子氏に依嘱いしょくしたのであった。同氏は快諾の上、両氏に対し、なり詳細なる記述を寄せて来られたのであったが、単行本としての体裁にかえりみ、私は勝手ながらこれやや簡略して、本書掲載の如きものと書き改めたのである。ここに同氏の御好意に謝すると同時に、の点の御諒解をお願いする次第である。

 第四篇、第五篇は、雑誌に発表しあるものの中から、便宜採録せるもので、著書の意向がはたしてそうする積りであったか否かは不明であり、又他にも腹案があったかも測られないが、今それを奈何いかんともすることが出来ない。で、取り敢えずこんな体裁として世に送ることにした訳である。

 以上本書の成れる顛末を略述して、編輯へんしゅう者としての責をあきらかにするものである。

   昭和十二年八月

淺野正恭識


「心霊読本」

目  次

概説(一)


心霊図書館: 連絡先