心霊図書館 > 「心霊講座」

心霊講座・目次

Today:55 / Yesterday:33 / Total:94470

第一講 肉体と霊魂

第二講 新霊魂説の擡頭たいとう

第三講 物質化現象の検討

第四講 心霊写真の検討

第五講 直接談話現象の検討

 一 最も劇的な心霊現象

文句ヌキで懐凝論者を首肯せしむるに一番誂向きの心霊現象。――直接談話現象が腹話術でないことを証明する方法は沢山ある。

 二 リイド夫人と文豪ステッド

死後の生命を信ずる丈では足りない。その事実を知る必要がある。――死後もお真理樹立のめに努力する大ステッドの真骨頂。

 三 リイド夫人と多くの実験

彼女によりて発生する直接談話の音声並にその内容は全然詐術又は共謀の疑惑の範囲を脱している。――若しも此等これらの音声がまだ事実の正確なることを証明するに不充分だというならば、何事にかかわらず人間の提供する一切の証明は無用の長物である。

 四 ヴァリアンティンと文士のブラッドレー

何等の予感もなしに、俄然として突発した大々的心霊事実。――不可抗の事実の前には一切の疑惑が烟の如く消える。

 五 英国に於けるヴァリアンティン

列席者が外国人であれば空中に起る言葉はその人の自国語で表われる。――詩人駒井氏の亡兄大谷氏の霊魂がロンドンの空で日本語を語る。

 六 直接談話現象の種々相

心霊現象においては思想が原料、従って一番困難を感ずるは固有名詞の発音。――霊媒によりて多少ヤリ方がちがう。一つの実験のみで結論を下すのは大禁物。

第六講 卓子浮揚現象の検討

第七講 物品引寄その他の物理的現象の検討

第八講 霊視現象の検討

第九講 霊言現象の検討

第十講 自動書記現象の検討

 結論

 附録


心霊図書館 管理人