心霊問題の表と裏

シナイデル家の心霊現象

シナイデル家の心霊現象

――コーゲルニック海軍大佐の報告――

 オーストリアのブラウナウにシナイデルという印刷業者があります。その四人の伜、ウィリイ、ルーディ、ハンス、カールは、いずれも多少霊媒的素質を有って居ますが、惣領のカール(三十歳)、次弟のハンス(二、三歳年少)は、補助的霊媒で、独立では何もできません。ルーディは十七歳、ウィリイは二十三歳で、共に優秀な物理的現象専門の霊媒であります。父親の意見では、ルーディの能力がもっともすぐれ、かれによりて現わるる現象の種類は、ほとんど無尽蔵だと云って居ます。ドイツの大心霊研究家シレンク・ノッツィング男爵などは、極力この二霊媒の実験を行い、くわしい報告をしてります。

 左記はコーゲルニック海軍大佐の記事であります。同大佐は世界大戦中、一軍艦の艦長であったが、大戦後同国海軍の解散と共に、税関吏としてブラウナウに退き、爾来じらいシナイデル家の心霊現象には、もっともくわしい実験家であります。――記者。


七、結論

目  次

(一)最初の実験


心霊図書館: 連絡先