心霊図書館 >> 心霊文庫第18篇

諸名家の心霊観(上)

Today:3 / Yesterday:0 / Total:10610

浅野和三郎 編・訳

底本:「心霊文庫第18篇 諸名家の心霊観(上)」 心霊科学研究会

1941(昭和16)年11月5日 発行


※ 青空文庫の「旧字、旧仮名で書かれた作品を、現代表記にあらためる際の作業指針」に準拠して、底本の旧字表記をあらためました。

※ 底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」(区点番号5-86)を、大振りにつくっています。

※ また、HTML化に際して、底本中の傍点表記を、下線表記に置き換えました。


はしがき

われわれ心霊研究に志す者は、出来得る限りの眼界を拡大し、知識を深めるの要があります。在来の宗教団体などが、ようやあたらしき世界に倦かれて通用しなくなったのは、主として自己独善の城壁に立籠って、世の進運に伴なおうとしなかった点に存すと考えられます。心霊を研究して、それから帰納されたところの神霊主義は、既に研究を基調とするから、そんなうれいは決して無いと信じます。しかしながら、心霊研究、神霊主義の包含する範囲は極めて博大、諸家の観察もまたおのずから多岐多様となりますから、あまねくそれ等を参酌しんしゃくして、自己の資料とすべきで、いささかも在来宗教などの陥った弊を再び踏むべきではないと存じます。

 の篇収むるところのもの、上下合せて十一篇に過ぎませんが、以上の目的の一端にうことを得るならば、編者のさいわいこれに過ぎないのであります。

  昭和十六年八月

編纂者記


 

目  次

生命と物質


心霊図書館: 連絡先