再生問題の検討

Today:7 / Yesterday:4 / Total:17800

淺野和三郎編

底本:「心霊文庫第16篇 再生問題の検討」 

心霊科学研究会

1940(昭和15)年09月01日発行

※ 青空文庫の「旧字、旧仮名で書かれた作品を、現代表記にあらためる際の作業指針」に基づいて、底本の旧字表記をあらためました。

※ 底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」(区点番号5-86)を、大振りにつくっています。

※ また、HTML化に際して、底本中の傍点表記を、下線表記に置き換えました。


はしがき

 再生問題は、古来なり論議されましたが、の性質極めて隠微いんびなところから、まだれで動かぬ結論というところまでは達して居らぬようであります。

 本篇には、著者がの問題に対して、如何いかに思索を進められたかの経路を示すべく、発表されたものを、年代順に集めました。ただ『再生説と古神道』は、『心霊学より日本神道を観る』に収められてあり、又『創造的再生説につき反対論に答う』の一篇は、編者に少しく考うるところあって、共にこのの篇には収めぬことにしました。

 再生については、マイヤースの『永遠の大道』『類魂』中にも述べられてありますから、彼此参照されるならば、再生に含まるる意義が、略々ほぼ明らかにし得ることと思われます。いずれにしても、再生は心霊研究によるのでなければ、到底解決さるべき問題でないこと丈は、断言して差支ないうようであります。

 編者としても、再生につき、別個の見解を持するものでありますが、ここにそれを云々すべき限りでありませんから、単にの篇の紹介に止めて置く次第です。

   昭和十五年  月

編者 浅野正恭識


 

目  次 現代の不安と再生説

一、神霊主義と再生説


心霊図書館: 連絡先