霊界通信の種々相

パワーと語る


『ツー・ウァールヅ』紙の記者であるジェムス・リィ氏は、先般来現界並に霊界の名士を歴訪して、その会見記事を誌上に連載して居る。同誌の快諾を得て、其の中の一部を紹介する。

 モリス夫人の司配霊パワーが、近代神霊主義の史上に、一新紀元をかくすべき、重要な存在であると思考する人士は、ロンドン市内にも沢山居りますが、全く無理もありません。パワーの業績たるや、ほとんど前代未聞と言ってよい位です。

 そこで私はイの一番に、このパワーに白羽の矢を立て、その専用霊媒であるモリス夫人との会見を、保護者たるカウエン氏に申込みました。一体パワーは面会がきらいで、従来交霊会の席上に出現した事などは、ただの一度もない。で、モリス夫人の擁護団の人々さえも、単に公開講演の壇上で、パワーに接するだけでありました。が、私の請求は、幸にもパワーの容るる所となり、或日の夕、ごく少数の仲間で、会見を遂ぐる段取になりました。出席者はカウエン氏、モリス夫妻、及び私の四人だけで、場所はモリス夫人のフラットでした。

 讃美歌を唄って居る中に、霊媒は見る見る人格が転換して行きました。その顔は長目にこわばりその頭部は昂然と高くそびえ、其の両手は折襟おりえりをつかみ、讃美歌が済んだ時には、パワーとして知られて居る他界の存在者が、もうわれわれの眼前に出現して、言葉くちを切らんとして居ました。

 しばらく沈黙――俄然として例の冴えた、凛々たる名調子が、室内の静寂を破りて響き出でました。

『自分のみで勝手に喋るよりも』と、彼は語り始めました。『むしろあなたの質問に答えることにしましょう。その方がドウも効果が多いらしい。』

 待ってましたとばかりに、私はそれから早速質問を連発しました。

 

問。『では御言葉に甘えてお尋ねします。第一に、あなたの帯びて居られる、特殊の使命が何であるか、ずそれをうかがいたい。つまり他の司配霊達の使命と、いずれの点に於て相違しているか……。』

答。『自分がこの霊媒と接触を保つことになったのは、彼女の幼少の時代のことであるが、自分の役目は、最初から個人的のものではなく、多数の代表者としての資格を以て、人類全般に呼びかくのである。つまり地上の人類に向って、一切の宗教の普遍性を説き、キリストの大神霊が、すべての大中心であることを、はっきり認識させたいのが眼目なのじゃ……。』

問。『キリストの大神霊と申しますと?』

答。『キリストの大神霊とは、いうまでもなく太陽系の司宰神じゃ。キリストの神霊は、一切の宗教の教師達を通じて現われて居られるが、必要とあれば、あなたの躯にも現われることが可能である。現在スピリチュアリズムが、一般人士から歓迎されないのは、その教義の中に、キリストが除外されて居ると誤解されて居る為で、霊界から観て居ると、その辺の消息がよく判るのである。イエスでも、マホメットでも、釈迦でも、実は皆キリスト神の使徒なのじゃ。人類一般に、キリストの大神霊に対する理解ができるようになれば、現在の世界の不和争闘は、立派に中止されるのじゃが、容易に其所そこまで進まんのでこまる。いかに説いても、耳を塞いで聴こうとせんものがあるのでこまる……。』

問。『あなたの使命は、他にもお有りでしょうな?』

答。『あります。神霊主義……つまり死後生存の真理の普及に向って、奮闘しつつある人達に、宗教的自由を確保してやりたいのじゃ。多くの人達は、まだわれわれのやり方に就きて、疑惑を有っている。ことに自分がパワーという仮名を用い、本名を名告なのらんのが、不審にえぬらしい。が、本名を名告らぬのには、そこに一応の理由がある。それは自分が衆意の代表者である為めのみでなく、実は今回裁判事件の到来を、予知して居た為めでもあるのじゃ。『パワーと名告るは一体誰人たれか?』きっとその身元調査が始まるに相違ない。その際いかにこちらが努力して、その証拠を挙げようとも、さかしぶりたる当局者達が、おとなしくこれを受け容れる筈は絶対にない。きっと何とかとか智慧を絞って、嘲笑ちょうしょう軽侮けいぶの材料を見つけ出すに相違ない。そうなれば、却って斯道しどうきずをつけることにもなる。かたがた自分は、飽までパワーで押し通して、生前の本名を名告ろうとはしなかった。つまり自分としては、これが予定の行動なのじゃ。』

問。『今回の裁判が、不結果に終ることは、前以て御判りになって居りましたか?』

答。『そりャ最初から、霊界の上層の方々には、よく判って居た。地上の人々は、今回の不起訴を以て失敗と考え、失望の意を漏らしているようであるが、それが果して失敗というべきものであろうか? 地上の人達は、専ら物質的見地からのみ、この問題を考察するが、他にもいろいろの見地があることを忘れてはならぬ。成るほど神霊主義が、当局者から認められなかったのは、通俗の意味からいえば、たしかに失敗であろうが、この裁判の為めに、神霊主義に対する一般の注意が、猛烈に喚起されたことからいえば、たしかに成功と称してもよいのである。ず神霊主義者に対する当局の不当の処置、それがどれだけ神霊党の為めに、世間の同情を博することになったか知れぬ。次に各自がその信奉する教義の為めに勇往邁進して、すこしも権力と、僻見へきけんとに動かされなかった天晴あっぱれの態度、それがどれだけ一般の尊敬をち得たか知れぬ。あなた方は、今後ますます屈せず、ひるまず、英国の有する最高法院にまで、事件を提出せねばならぬ。無論他の権力、他の判官とても、同様に斯道しどうの前進を阻害しようとするのであろう。が、それはかねて覚悟の前であらねばならぬ。いかにあなた方が苦艱くかんに逢うとも、結局信教の自由は、立派にあなた方の手中に帰する時が来る……。今回の裁判事件は、永遠に信仰史上の標柱となるのである……。人間の法律には、やがて変動の時が来る。しかもそれは余り遠き未来の事ではない。むろん此事件を、最高の法院までもたらすには、多大の経費を要するであろうが、しかしそれは是非とも敢行してもらいたい。それは単に信仰上の自由を獲得すべき、必要の手段であるのみならず、民衆の心に、斯道しどうに対する興味を捲き起すべき、有用の手段でもある。いかに無関心な人達でも、スピリチュアリズムが、ここまで突きつめたことを行るにつけては、必ずそこに、価値ある何物かが伏在するに相違ないと思うであろう。』

問。『法廷で黒白を争うことにつきて、にが々しく考えるものがないでしょうか?』

答。『それは必ずある。あるに相違ない。法廷に於ける論難攻撃は、神の道にかなったやり方ではないと、そう思考するものが、相当多数存在することは事実であろう。が、それは楯の半面の見方に過ぎない。見よイエスは、二千年前に、そうしたやり方の模範を示したではないか! 平和は時として交戦の結果として見出される。この戦いは、ひとり人類のみの戦ではない。霊界にも多数の協力者が控えている。最後の勝利、最後の自由が獲得さるるのは、畢竟ひっきょう霊界の後援があるからじゃ。』

問。『少しく今後の世の中につきてうかがいたいもので……。』

答。『今後の世の中はスピリチュアリズムによりて救わるるのじゃこれより外に済度の途は絶対にない。自分にはその事がよく判って居るから、そう断言して憚らないのじゃ。無論一切の既成宗教は、人類進化の途上に於て、それぞれの用途、それぞれの使命を有って居た。世の中には無用の長物は、ただの一つもない。ことごとく目的があったればこそ、そうしたものが発生もしているのじゃ。が、流転は万物の常で、あなた方は、今や新時代の開拓者たる位置を占めて居る。宗教は永遠に減びはせぬが、ただ対抗戦に日もこれ足らざる既成宗教団体のヤリ方は、決して永くは続かない。全世界を通じて、ただ一つの宗教しかないという認識は、日ならずして到来する。そうしてその只一つの宗教というのは、天地自然の法則そのままを包括せるスピリチュアリズムに外ならないのである。但しこの事は極めて大切な事柄であるから、誤解のなきように願いたい。宗教がただ一つという事は、既成宗教のすべてを排斥することではない。スピリチュアリズムの大旗幟きしの下には仏教徒も、回教徒も、又基督キリスト教徒も、ことごとく安住ができる。各宗教の宗祖達は、それぞれの特長を以て、ことごとくスピリチュアリズムの綱領中の部分部分を、実行実現すべく努めたのである。キリストの大神霊は、公平に各宗の祖師達を通じて、その教を垂れ給ふたのである。ただすべてを綜合し、すべてを統一した時に、初めてキリストの大神霊の教の全体が窺われる……。』

問。『霊媒が入神講演をるに当り、実際どの程度まで、あなたのお力が加わりますか?』

答。『御承知のとおり、霊媒の頭脳の取扱には、まだ多少の困難を感じているが、しかしそのうちに、自分の意思を発表する為めには、少しの不便も感じなくなると思う。』

問。『あなた方が、スピリチュアリズムに興味を感じた最初の動機は、何でありましたか? あなたは現世生活中から、この問題に関係されて居たのですか?』

笞。『イヤイヤごうもそんな事はなかった。自分はただ宗教問題に興味を有っていたのじゃ……。』

問。『すると死後に於て初めて、スピリチュアリズムの問題に触れたので……?』

答。『帰幽後自分は依然として宗教とか、人生の目的とか、言ったような問題に、心を惹かれていました。そのうち自分は、天使ミカエルの麾下きかに属した。ミカエルの部下に属するということは、取りも直さず戦闘……真理の普及の為めの戦闘に従事することで、その縁故から自分は、自然スピリチュアリズムの為め奮闘することになった。ここに居らるる我等の兄弟(コウエン氏を指しつつ)とても、つまりは我等同人の見立てた人物なのじゃ。渾身の熱誠をこめて、側目も振らず猛進する、その意気組いきぐみが気に入ったのじゃ。一たん真理の光に接するが最後、この人の前進を立塞ぐべき何物もない。この人の性格は、本人自身よりも、却って自分達が一層よく知って居る。この人には真理の為め、道の為めに、驀地ばくちに進む熱がある。火がある。現在自分が使用する二つの道具――霊媒と霊媒の保護者――の性格に、多大の相違があるのを見て、不思議に思うものがあるかも知れぬが、少しく考うれば、少しも不思議ではない。一長一短互に相補いつつ、こちらの仕事をすすめるのじゃ。』

問。『心霊界には、近き将来に於て、何ぞ重要な進歩が起りますか?』

答。『起ります。……つまりこれまでにも幾回かのべたとおり、一つの機械が発明され、それによりて現幽両界の間の交通が、現在よりも一層簡単化するのじゃ。それができれば、人体を借りずとも通信ができる……。』

問。『パワーさん、それは又飛んでもないお話ですナ。すると人間の霊媒能力、仝然不用になりますのですナ。』

答。『右の機械というのは、丁度現在の無線と同様に使用さるるのじゃ。おその外にも、まだ新らしい現象が起ります。外でもない、それは人間の第六感が、行く行く発達を遂げることで、その暁に於ては、霊界の存在は問題ではなくなる……。つまり霊界は最早もはや理論ではなくして、事実と化するのじゃ。現在人間は五感で限られて居るが、今後数代を重ぬる中に、別にモ一つ感覚が加わるのである。』

問。『イヤいろいろ難有ありがとう存じました。終りにのぞみ、たった一つうかがって置きたい。しもあなたが、これきりで通信を打切るという場合に臨んだら、人間界に対するあなたの最後の通信は、んなものでありますか?』

答。『そう改まって最後の通信は何かときかれると、自分もちょっとまごつきます。……格別劇的な返答も出ませんナ……。イヤありますます。(何事を措きても、爾等おれらず神の王国を求めよ。)――自分が人間界に向って放送する最後の通信は、ずこの言葉でしょうナ。』

 それからパワーは霊媒に対して、飽まで心を平静に持つようにと、いろいろ懇切な注意を与えることを忘れませんでした。やがて終りの祈祷をのべ終ると、繊弱な霊媒の全身に、ブルブル! と戦慄が起り、それっきりパワーは躯から離れ去りて、後には日頃のつつましやかな、モリス夫人が残りました。

 しもんな不思議現象ミラクルが、寺院の内にでも起ったなら、全基督キリスト教を震駭しんがいせしめたでありましょうが、神霊論者の間で、こんな事は尋常茶飯事に過ぎません。私達は平気な顔をして、それから晩餐の食卓に就いたのでした。(ジェームス・リィ)


本書編纂につきて

目  次

人間と心霊界との関係


心霊図書館: 連絡先