霊界通信   新樹の通信   第二篇

幽界居住者の伊勢参宮

(一)最初の参拝


 手帳を繰りひろげて見ると、私が初めて新樹に向って伊勢参宮の話を持ち出したのは、昭和四年八月十二日のことでした。彼は私の言いつけに従って、早速幽界居住者としての、最初の大廟参拝を試みましたが、当時の彼としては、いささか荷が勝ち過ぎた嫌いがあり、その報告が委細をつくすところまでに達して居ないうらみがありました。記録のままを紹介すると、次の通りであります。――

『只今指導者のお爺さんにたのんで、大廟に参拝させて貰いました。道中は全然ヌキで、どこをう通ったのか、すこしも判りませんが、兎に角御神苑のような所に出ました。僕生前ただの一度も大廟へお詣りしたことがないから、はっきりした比較ができませんが、兎に角絵に見た地上の大廟とは、大へんに様子がちがって居ますネ。あたりはしんしんたる大木の杉の森で、その中に小さい白木のお宮がただ一つ、ポツンと建っているだけです。僕何だか勝手が違ったような気がして、これが果して大廟かしら? と思っていると、お爺さんはすぐ僕の心を察して、う言われました。「こちらの世界と、人間の世界とはちがうのが当然だ。地上では人間の手がるので、いろいろ附属の建物などもできているが、神界にその必要はない。神さまはチャンとここに鎮まってられるのだ……。」

『お爺さんがそう言われた瞬間に、丁度杉木立の茂みの中、お宮のずっと上方に、ひとりの女神……おとしは先ず二十位に見る、世にも神々こうごうしい女神のお姿が、スー ッと拝まれました。この神さまが、日本国をお守りくださる、一番上の神さまかと思うと、僕自然に総身が引きしまって、おぼえず其処そこ平伏ひれふしてしまいました……。

『お爺さんの説明によると、天照大御神様は宇宙の活神さまで、人体に宿られたことはないお方だそうですネ。従ってあのお姿も、仮のお姿だということですが、僕達にはまだ深いことはさっぱり判りません……。』


乃木さんと語る
(六)日本国民に告ぐ

目  次

幽界居住者の伊勢参宮
(二)再度の参拝


心霊図書館: 連絡先