霊界通信   新樹の通信   第二篇


 此に載する新樹の通信なるものは、主としての父の命により、探検又は訪問せる時の報告を集めたものです。私は彼が死後まだ十日経つか経たぬ時、中西霊媒を通じて、彼の死を申し聞けましたが、の時彼が悲憤の涙に暮れた様は、今でもアリアリ眼に映ずるような気がします。私は其時そのとき彼との間に、る会話を交えました。の事柄は簡単ではあるが、私と彼との間にしか知られていないことであるから、中西霊媒に現れたものが新樹の霊魂に相違ない事を確信していました。の後霊媒が何人か変っても、私との会話の内容を肯定しますから、彼の通信なるものは、相当確実性があるものと私は信じます。

 の通信録は、目次記載の通り四篇から成っています。の中『新樹と守護霊』は、万人必ずしも同様なりとはいい得ないでしょうが、凡そ如何なる関係を有するものなるかを説いたところ、大抵通則と見てよいよう考えられます。『乃木さんと語る』は、武人の面目躍如たるを見るべく、しかして戦争の避くべからざるを警告して、日本国民の覚悟に及び、又お宮とお墓の別をあきらかにせる如きは、万人の知って置かねばならぬ事柄であることを信じます。の他『幽界居住者の伊勢参宮』『る日の龍宮』いずれも啓発せらるる所少なくないよう考えられます。

 新樹と私とは、前記の如き関係があり、一種感傷的気分がないではありませんが、今これを世に送ろうとするのは、決してそんな気分からではありません。各篇いずれも不朽と迄は行かずとも、世に伝えて恥かしからぬものと信ずるからであります。

 の通信は、もっと早く世に出てしかるべきものと思われますが、何かの都合で今日に至ったものです。が、今でも敢て遅しとはせないでしょう。

   昭和十三年四月

浅野正恭


新樹の通信 第二篇

目  次

新樹とその守護霊


心霊図書館: 連絡先