霊界通信   新樹の通信   第一篇

(五) 彼岸の修行


 新樹は一たい幽界においんな修行をしてるか? という事は最初から彼の父がこうとつとめた点でした。

 昭和四年七月二十五日第十回目の招霊の際の記録をひもといて見ると彼の父は彼の幽界に於ける指導者について質問して居ました。

問『おまえにはやはり生前の守護霊が附いてて、そのかたに指導して貰っているのか?』

答『守護霊の事をいうと僕何んだか悲しくなるからその話は止めてください……。現在僕を指導してくださるのは、いずれもこちらへ来てから附けられたもので、皆んなで五人ります。その中で一番僕がお世話になるのは一人のお爺さんです……。』

問『その五人の指導者達の姓名は?。』

答『めいめい受持があって、想えばすぐ答えてくださるから名前などはらないです……。』

問『その五人の受持は?』

答『六ヶむつかしいなあドーも……。まだ僕には答えられない。とに角僕が何かの問題をききたいと思うと、五人の中の誰かが出て来て教えてくださる。』

問『幽界でおまえの案内をしてくれる人もあるのか?』

答『ありますよ。案内してくださるのはお爺さんの次位つぎの人らしい……。』

問『現界と通信する時は誰が世話してくれるのか?』

答『いつもお爺さんです。』

問『勉強してる科目の内容はどんなものか?』

答『僕慣れていないので、細かい話はまだできない。よく先きの事……神界の事などを教えられます。』

 同年八月三日第十五回目の招霊の際には書物の事が話題になって居ました。

問『おまえが書物を読んでいる姿が昨日母の霊眼に映じたが、実際そんな事があったのか?』

答『読んで居ました。あれは霊界の事を書いてある書物です。僕が書物を読もうと思うと、いつの間にか書物が現われて来るので……。』

問『その書物の用語は?』

答『あの時のは英語で書いてありました。ちょっと六ヶむつかしい事も書いてあるが、しかし生前英語の書物を読んだ時の気分と現在の気分とを比較して見ると、現在の方がよほど判りよい。じっと見つめてると自然に判って来ます。』

問『書物は何冊も読んだか?』

答『ソー何冊も読みはしません。事によると幽界の書物は一冊しかないのかも知れません。こちらでしらべようと思うことが、何でも皆それに書いてあるらしく思われますよ。つまり幽界の書物というのは、思想そのものの具象化で、読む人の力量次第で、深くもなれば又浅くもなり、又求むる人の註文次第で、甲の問題も乙の問題もその一冊で解決されると言った形です。僕にはどうもそうらしく感じます。』

問『その書物の著者は誰か? 又それに標題がついていたか?』

答『著者も標題もありませんよ……。』

問『おまえが読んだものをこちらへ放送してくれないか?』

答『お父さん、現在の僕にはまだとてもそんな事はできませんよ。こんな通信の仕方では僕の思っていること、感じていることの十分の一も伝えられはしませんもの……。』

問『今おまえは書物がいつの間にか現われると言ったが、一たい何人だれがそんな事をしてくれるのだろう? ただで書物が現われる筈はないと思うが……。』

答『それはそうでしょう。自分一人でっているつもりでも、案外蔭から神さん達がお世話をしてくだすってられますからね。書物なども矢張り指導者のお爺さんが寄越よこしてくれたのでしょう。……きっとそうです。』

 亡児は又修行の一端として、ときどき幽界の諸方面の見学などもやっているようですが、その内容をここに併記するのは混雑を来すおそれがあるので差控えます。

 とに角、幽界の修行と言ってもその向う方面はなかなか複雑なものであるらしく、とても簡単に片づけることはできませんが、しかし幽界の修行の中心は、詮じつめればこれを精神統一の一語に帰し得るようです。

 精神統一……これは現世生活においても何より大切な修行で、その人の真価は大体これで決せらるるようであります。五感の刺戟のまにまに、気分の向うまにまに、あちらの花にあこがれ、こちらの蝶に戯れ、少しもしんみりとした、落ついたところが無かった日には、五七十年の短かい一生はただ一場の夢と消え失せてしまいます。人間界の気のきいた仕事で何か精神統一の結果でないものがありましょう。

 が、物質的現世では統一三昧ざんまいに耽らずとも、ドーやらその日その日を暮らせます。ところが、一たん肉体を棄てて幽界の住民となりますと、すべての基礎を精神統一の上に置かなければ到底収まりがつかぬようです。

 新たに帰幽したものが、通例何より苦しめられるのは、現世の執着であり、煩悩であり、それが心の闇となりて一寸先きも判らないようであります。地上の闇ならば、これを照すべき電燈も、又瓦斯ガス燈もありますが、帰幽者の心の闇を照らすべき燈火ともしびは一つもありません。心それ自身が明るくなるより外に幽界生活を楽しく明るくすべき何物もないのであります。

 そこで精神統一の修行が何より大切になるのであります。一切の雑念妄想を払いのけ、じっと内面の世界にくぐり入り、表面にこびりついた汚れと垢とから離脱すべく一心不乱に努力する。それを繰りかえし繰りかえしやっているうちに、だんだん四辺あたりが明るくなり、だんだん幽界生活がしのぎ易いものになる。これより外に絶対に幽界で生きる途はないようです。

 昭和五年二月の十六日、亡児はそれに関して次ぎのように述べて居ます。――

『僕が最初こちらで自覚した時に、指導役のお爺さんから真先きに教えられたのは、精神統一の必要なることでした。それをやらなければ、いつまでっても決して上へは進めないぞ!……。そう言われましたので、僕は引続いてそれに力をつくして居ます。その気持ですか……僕、生きている時一向統一の稽古などをしなかったので、詳しい比較を申上げることはできませんが、一と口にいうと何も思わない状態です。いくらか睡っているのと似ていますが、ずっと奥の奥の方で自覚してるようなのが少々睡眠とはちがいますネ。僕なんかは現在こちらでそうしてる時の方が遥かに多いです。最初はそうしてる際にお父さんから呼ばれると、丁度寝ぼけている時に呼ばれたように、びっくりしたものですが、近頃ではモーそんな事はありません。お父さんが僕の事を想ってくだされば、それはすぐにこちらに感じます。それ丈、幾らか進歩したのでしょうかしら……。この間お母さんの守護霊さんに逢った時、あなたも矢張り最初は現世の事が思い切れないでお困りでしたか、といて見ました。すると守護霊さんも矢張りそうだったそうで、そんな場合には、これはけないと自分で自分を叱りつけ、精神を統一して、神さまにお願いするのだと教えてくれました。守護霊さんは閑静な山で精神統一の修行を積まれたそうですが、僕は矢張り自分の室が一番良いです。だんだん稽古したお蔭で近頃僕は執着を払いのけることが少しは上手になりました。しひょっと雑念がきざせば、その瞬間、一生懸命になってず神さんにお願いします。するとたちまちぱらっとした良い気分になります。又こちらでは精神統一を、ただ執着や煩悩を払うことにのみ使うのではありません。僕達は常に統一の状態で仕事にかかるのです。通信、調査、読書、訪問……何一つとして統一の産物でないものはありません。統一がよくできるできないで、僕達の幽界に於ける相場がきまります……。』

 以上はやっとの思いで幽界生活に慣れかけた一青年の告白として、幼稚な点が多いのは致方がありませんが、幾分参考に資すべき個所がないでもないように感じられます。


(四) 幽界人の姿その他

目  次

(六)母の守護霊を迎う


心霊図書館: 連絡先