霊界通信   新樹の通信   第一篇

(三) 通信の初期


 すでに申上げたとおり新樹が彼の母を通じて兎も角も通信を開始したのは、昭和四年七月の半ば頃でしたが、通信とはホンの名ばかり、わずかに簡単な数語をとぎれとぎれに受取り得るに過ぎませんでした。当時の手帳から標本として少しばかり抄出します。――

問『おまえ目下いま何かキモノを着てるか?』

答『着て居ます……白いキモノ……。』

問『飲食をるか?』

答『何物なにも食べません……。』

問『睡眠は?』

答『睡眠もいたしません……。』

問『月日つきひの観念はあるか?』

答『ありません、っとも……。』

 これが七月十七日の問答筆記で、その末尾に次ぎのような筆者の注釈が附いて居ます。――

『この日の通信の模様はよほど楽になった。自分が「昨年の今日は、おまえと一緒に大連の郊外老虎灘へ出掛けて行き、夜まで楽しく遊び暮らした日だ」というと、彼は当時を追憶せるものの如くしきりに泪を流した……。』

 七月二十五日、第八回目の通信の記録を見ると、モー幾らか進境を認めることができます。左にその全部を掲げます。――

問『私達がここにうして坐り、精神統一をって、おまえぼうとしてる時に、それがどんな具合におまえの方に通じるか? 一つおまえの実感をきかせてくれないか……。』

答『ちょっと、何にかその、ふるえるように感じます。こまかい波のようなものが、プルプルプルプルと伝わって来て、それが僕の方に感じるのです。』

問『わたしの述べる言葉がおまえに聞えるのとはちがうか?』

答『言葉が聞こえるのとはちがいます……感じるのです……。もっとも、お父さんの方で、はっきり言葉に出してくだすった方が、よくこちらに感じます。僕はまだ慣れないから……。』

問『私に限らず、誰かが心に思えば、それがおまえの方に感じるのか?』

答『感じます……いつも波見たいに響いて来ます。それは眼に見えるとか、耳に聞えるとか言ったような、人間の五感の働きとはちがって、何もも皆一緒に伝って来るのです。現にお母さんは所中僕の事を想い出してくださるので、お母さんの姿も、心持ちも、一切が僕に感じて来てしょうがない……。』

問『生前の記憶はそっくりそのまま残ってるか?』

答『記憶してることもあれば、又忘れたようになってるのもなかなか多いです。必要のない事は、丁度雲がかかったように、奥の方に埋もれてしまっていますよ……。』

問『満鉄病院へ入院してからの事を少しは覚えているか?』

答『入院中の事、それからドーして死んだかというような事は全然覚えていません。火葬や告別式などもさっぱり判りませんでした……。』

問『おまえが臨終後間もなく火の玉がおまえの母に見えたが、あれは一たい誰がったのか?』

答『僕自身は何も知りません……。今守護霊さんに伺ったら、全部守護霊さんがやってくだすったのだそうです……。』

問『いつおまえは自分の死を自覚したか?』

答『伯父さんに呼び起された時です……。』

問『あのまま放任して置いてもいつか気がつくかしら?』

答『さあ……(しばらく過ぎて)只今守護霊さんにきいたら、それは本人の信仰次第で、真の信仰のある者は早く覚めるそうです。信仰のないものは容易に覚めるものではないといわれます。』

 これが当日の問答の全部です。例によりてその末尾には筆者の註釈がついている。――

『右の問答後、妻にくと、先刻細かい波の話が出た時に、彼女の霊眼には、非常に繊細な、きれいなさざなみがはっきり見えたと言う。これが所謂いわゆる思想の波、エーテル波動とでもいうものか?』

 初期の通信の標本紹介はこの辺で打ち切り、あとは多少分類的に手帳から抄録を行い、いささかなりとも死後の世界の実相を知りたく思わるる方々の資料に供したいと存じます。


(二) 果して本人か?

目  次

(四) 幽界人の姿その他


心霊図書館: 連絡先