霊界通信   新樹の通信   第一篇

(一) 通信の開始


 新樹が満鉄病院で歿なくなったのは昭和四年二月二十八日午後六時過ぎでした。彼の父はその訃報に接すると共に直ちに旅装を整え、あくる三月一日の朝特急で大連に向い、同四日大連着、五日告別式火葬、六日骨上げと、かかる場合に通筋書を半ば夢見る心地で急がわしく辿りつつありました。かくて同十二日の夕暮には彼の遺骨を携えてさびしく鶴見の自宅に帰着しました。

 彼の父に取りてはなはだ意外だったのは新樹の霊魂が早くもその一日前(三月十一日)に中西霊媒を通じて、不充分ながらもすでに通信を開いてたことでした。

 最初霊媒にかかって来た新樹は、自分の死の自覚をって居なかったそうで、あたかも満鉄病院に病臥してるかの如く、夢中で頭部や腹部の苦悩を訴えたといいます。その時立会人の一人であった彼の伯父(正恭中将)は、例の軍人気質かたぎで、単刀直入的に彼がすでに肉体を棄てた霊魂に過ぎないことをきっぱり言い渡し、一時も早く彼の自覚と奮起とを求めたそうであります。

『えっ! 僕、モー死……死んだ……僕……残……念……だ……。』

 そう絶叫しながらその場に泣き崩れたと言います。

 新樹の霊魂はその後数回中西霊媒を通じて現われ、又一度ちょっと粕川女史にも感応したことがありました。それ等によりて彼の希望は次第に明白になりました。掻いつまむとそれはんなことでした。――

(一) 約百ヶ日を過ぎたら母の躯にかかりて通信を開始したい。

(二) 若くて死んだ埋合わせに、せめて幽界の状況を報告し、父の仕事を助けたい。

 彼の父も母も百ヶ日の過ぎるのを待ち構えてその準備を急ぎましたが、大体においてそれは予定の如く事実となりて現われました。彼の母は十数年前から霊視能力を発揮して居ましたが、今回新樹の死を一転期として霊言能力をも併せ発揮し、不完全ながら愛児の通信機関としての心苦しき任務を引き受けることになりました。

 最初の頃は、新樹自身もまだ充分に心の落つきができてらず、又彼の母も感傷的気分が勝ちすぎて居ましたので、兎角通信が乱れ勝ちでありましたが、月日の経つと共に次第にまとまりができて参りました。八月十二日第二十回目の通信を寄越よこした時などは、彼は自分の死の当時を追懐して多少しんみりした感想を述べる丈の心の余裕ができてりました。――-

『僕、伯父さんから、新、おまえはモー死んでしまったのだ、と言いきかされた時は、口惜くやしいやら、悲しいやら、実に耐らない気がしました。おかあさんから、あんなに苦労してそだてて戴いたのに、それがつまらなく一会社のただの平社員ひらしゃいんで死んでしまう……。僕はそれが残念で残念でで耐らなかった。しかし僕、次ぎの瞬間にう決心しました。現世で碌な仕事ができなかった代りに、せめて幽界からしっかりした通信を送ってお父さんを助けよう。それが僕として一番損害をとり戻す所以ゆえんであり、一番意義ある仕事であろう。それには是非おかあさんの躯をかりなければならない。僕最初からほかの人ではイヤだと思ってた……。』

 簡単に述ぶれば新樹の通信はんな順序で開始され、もって現在に及んでるのであります。それがいつまで続くかは神ならぬ身の予想し得る限りでないが、恐らく彼の父又彼の母の現世に生きてる限り全く断絶することはないでしょう。何となれば彼の父に取りて心霊事実の調査はほとんどその生命であり、又彼の母に取りて彼岸の愛児の消息は何物にもかえられぬ精神こころの糧でありますから……。

 新樹との通信中、霊媒たる彼の母の霊眼にはありありと彼岸の愛児の起居動作並にその環境が映じます。又通信中の彼女の言語態度はる程度亡児生前の面影を髣髴ほうふつせしめます。是等これらは当事者のみ判る事柄で筆舌をもって伝えるによしもなきことは筆者のはなは遺憾いかんとする所であります。


新樹の生涯

目  次

(二) 果して本人か?


心霊図書館: 連絡先