霊界通信  新樹の通信  第一篇


 本篇は新樹が彼の母を通じて送りつつある初期の通信の輯成しゅうせいであります。即ちその最も早きは彼の死後僅々きんきん百日余りを隔てた昭和四年七月頃のもの、その最も晩きも昭和五年二月頃、即ちその一周忌前後のものであります。爾後じご今日までに現われたのも少くありませんが、それ等は漸次ぜんじ機会を見て発表して行くことにしましょう。

 私どもが新樹の通信を発表するにつけては、これに対して世間に必らずしも賛同するもののみも居ないことは、万々承知致してりますが、私どもとしては、しばらく一切の毀誉褒貶きよほうへんに眼をつぶり、兎にも角にも私どもに現われたる、この活きた心霊事実をありのままに世間に発表して識者の御考慮に供することをもって満足してるので、しもこれが導火線となりて、いささかなりとも日本国民の間に心霊の動きを促がすことにもなれば、それこそ私どもに取りて望外の歓びなのであります。

 いよいよ本篇の編輯へんしゅうを終った八月十六日に、私は新樹を呼びて、おまえも一つそちらの世界から序文を書いて送れ、と命じました。新樹はこれを快諾し、二日後の八月十八日に、彼の母の口を借りて放送して来たのが左記の挨拶であります。恐らくこのほうが本書の真正の序文というべきものでしょう。

(新樹の挨拶)

 今般こんぱん父から、僕がこれまでに送った通信の一部を一冊の書物にとり纏めて上梓するからおまえも何か一つ序文を書けとの事で、未熟の僕に別だんこれという良い考えも浮びませんが、ホンの申訳に、いささか所感を述べさせて戴くことに致します。

 僕の送った初期の通信を御覧の方には、事によると僕を女々めめしい、愚痴っぽい男と思召されるかも知れませんが、実際はソーでもないのです。僕はどちらかといえば生来むしろ陽気な性質たちで、若き人に許さるる正常な快楽のほとんどすべてを手当り次第に漁りつつあったものなのです。従って僕は生前ただの一度も『死』の問題などを考えて見たことがない。あんな陰気な、恐ろしいものは僕とは全然没交渉――少くとも遠い遠い未来の、夢かまぼろしのような事柄位に考えていたのであります。そうした僕がいつの間にか『死』の関門を通過してしまったのですからまことに皮肉極まる話で、伯父から死を宣告されて初めてそれと気のついた時に、僕がいかに愕き、悲しみ、又口惜くやしがったかは宜しくお察しを願います。その頃の僕の通信が涙混なみだまじり、愚痴混くぢまじりのはなはだお恥かしいものであったのも、同情深き方々は多少大目に見てくださるだろうと存じます。

 しかしながら現世のがわから前途に死を望み見るのと、こちらの世界から振り返ってそれを囘顧かいこするのとは大分勝手が違います。何と言おうがモー致方がないのですから、僕のようなものにも次第にアキラメがついて来まして、現世で使い得なんだ精力の全部を一つみつちり幽明交通の仕事に振り向け、父の手伝をしてやろうという心願を起しました。それが現在の僕にとりて活きて行くべきほとんど唯一の途なのです。無論僕の修行が足りない為めに、これぞという通信はまだとても送り得ません。父から陸続りくぞく提出さるる問題の多くは僕の力量ちからに余るものばかりなので、そんな場合には一心不乱に神に伺い、又守護霊にはかり、ドーやら大過なきを期してるような次第で、従って僕の通信と称しても、内容は僕が中継者の役目をつとむる霊界通信なのであります。兎も角もうした仕事に精根を打ちこんでいるお蔭で、近頃はこちらの世界の事情も少しづつ判りかけ、幽界生活もまんざらでなく考えられて来ました。

 僕の現在の不満はまだ現界が少しも見えないことで、ときどきはそれがじれったく感じます。が、神さまに伺って見ると、それは僕の地上生活に対する執着がまだすっかり除れ切れない為めだそうで、この間なども、神さまから『おまえはまだうしろを振り向くことはならないぞ! こちらでおまえの為すべき事は多い。すべての準備ができれば現界も自然と見えて来る……。少しも急ぐには及ばない。』とお叱言こごとを頂戴しました。そこで僕も考えました。『成るほどそうだ、じれるのは宜しくあるまい。先きが際限なく永い生活なのだから、余りあせらずに、現在与えられたる仕事に対して最善をつくすことにしよう……。』

 大体僕はこんな状態で、相当楽な気持で幽界に生きてります。死後の生活――この事が僕の通信で幾分でも皆さまにお判りになれば、皆さまの死に対する不安も薄らぎ、同時に皆さまの心の視野も限りなく拡大するでしょう。これからの僕は層一層そういっそうの修行を積み、より充実した通信を送り、皆さまの期待に負かぬように努力する覚悟であります。今回はこれで……。

   昭和六年八月十八日

編者誌す


新樹の通信 第一篇

目  次

新樹の生涯


心霊図書館: 連絡先