ステッドの通信

一 発端


 一九二六年のある寒き二月の午後、スコット女史は、その二人の心霊友達と卓子を囲みて、交通実験を試みた。別に誰の霊魂を呼んで見ようという考もなく、ただ習慣的に祈祷の文句をのべたのであった。すると間もなく、卓子が非常に断乎たる態度で傾き出した。

 かねて規定の符徴を用いて卓子が綴った文字はWSTの三字であった。これでは何の意味だか判らぬので、三人は卓子にかかれる霊魂に向って抗議を申込み、今の文字は何かの誤謬ごびゅうではないかと言った。しかし卓子はさもじれったそうに再び綴ったが、それは依然としてWTSTであった。

 三人はいろいろ相談したが矢張り判らない。ままよ卓子の好きなように、動かせて見ようという事になった。すると今度はもっと丁寧に W.T.STEAD. と立派に綴った。

 うなっては最早もはや疑いの余地がない。これは有難いと三人は有頂天になって歓んだ。が、念の為めに訊いた。『あなたは本当にステッドさんですか?』――すると卓子はそれに相違なき旨を肯定した。

 ところで右の三人はいずれも生前ステッドとは赤の他人であった。『彼がポール・モール・ガゼット』紙の主筆であったこと、『評論之評論』誌の創立者であったこと、位はよく知ってたがただ一度の面識さえなかった。

 ステッドの霊魂は三人の研究を助けるべく現われて来た旨を告げて、んな注意を与えた。

『心を平静にして居なさい。できるか、できないか、判らないが、私から通信を送って見ます。丁度写真見たいに……。』

 しかし三人の精神状態はその日余り昂奮してたので、さっぱり要領を得られなかった。ステッドはさも失望したらしく、『ドウもあなた方の心が緊張し過ぎていて困る。明日やり直しをしましょう。』とつづった。

 翌日の卓子実験もうまく行かなかった。で、その時スコット女史は自動書記で通信を試みてくれないかとステッドの霊魂に請求した。『よろしい。』という返答なので、女史は二月十五日の午前をもっていよいよ自動書記の実験を行った。すると早速ステッドからの通信が現われた。最切のは至極簡単なものであった。――

ステッド『私はここります。』

女史『ドウしてあなたは私達の所へお出でくだすったのです?』

ステッド『あなた方が求めたからです。私はあなた方の思想に触れ、それに応じたまでです。あなた方は私の名前を覚えてて歓迎してくれました。私は前回、あなた方の心に、一つの通信を印象しようとしたが成功しませんでした。私の通信というのはんなものでした。――求めよ、しからば与えられん。捜せよ、しからば見出されん。叩けよ、しからば開かれん。』

 んな事がきっかけでスコット女史を通じて、ステッドの興味ある自動書記の通信が出現することになったのであった。


序説

目  次

二 幽界生活は第二の駅場


心霊図書館: 連絡先