附録 長南年惠物語

一 奇蹟の発端

『私の郷里は山形県西田郡鶴岡町であります。私は明治元年生れの本年が五十六歳(大正十二年)姉の年惠は丁度十歳の年上でした。この姉に破天荒の奇蹟的事実が起るようになりましたのは、明治二十五年から同四十年に至る前後十五年間の事であります。』

 長南氏は蒲団の上に跪坐きざしたまま、時々眼をつぶって、遠い過去の光景を追懐しつつ物語りをすすめるのでした。――

『私は元来早く郷里くにを出てりましたから、姉と同居した小供の時の事をよくは記憶してりませぬ。ただ姉が人並ひとなみはずれて寡黙むくちの性質であったこと、母や長上めうえに対して極めて従順で、未だかつてその命令に背くようなことの無かったこと、体質がすぐれて強健であったこと、それから無慾も無慾、ほとんど愚物ばかに近いほど無慾で、人が欲しいといえば、羽織でもかんざしでも、さッさとれてしまって惜まなかったこと、位を夢のように覚えてるだけです。私の姉に対する正確なる智識は明治二十五年の帰郷を境界として始ります。

『当時私は在京中でした。たまたま祖母が、東京で歿しましたので、私はその遺骨を奉じて郷里鶴岡町に帰る事に成りました。父は私の幼時に歿しまして、当時郷里の生家には母と姉とが二人で寂びしく不在るすを守って居ました。私が姉に就いて初めて不思議な話を母からきかされましたのはその時の事であります。年惠としえにも困ったものだと、母は涙ながらに私に向いかき口説くどくのでした。今年三十五歳にもなるのに、年惠はまだ経水げっけいもなく、身体からだは大人でも気分はまるで十三四の小娘そっくり、しかも近頃はたりいたりしたものは一切べず、ホンの少量の生水なまみずなま甘薯さつまいもとを食べるばかり……、そして家の内には時々不思議が起る……。何事もないのに家鳴り振動したり、又神様から品物を授かったり……。この先きどうなる事かと、心配でならない……。

『当時私は二十五歳の血気の青年で、一と通り浮世の波にも揉まれ、又学問の端くれも囓ってりましたから、母の話をききましてもず半信半疑で、私は、まあ阿母おっかさん、心配なさいますな。あるべきものがないというなら姉さんは一生独身で暮らしさえすりァいじゃありませんか。――んな気休めを申しまして、その場をつくろって置きましたが、しかしつらつら姉の様子ようすを見ると、母の心配されるのも成程無理はないと思わるる節々ふしぶしがないではありませんでした。第一驚かるるのは姉の容貌の若々しさ。三十五歳の老嬢のくせにドー見ましても十五か十六の小娘の顔なのです。――イヤ姉の顔の若い事にきましては、私も飛んだ迷惑を受けてります。姉が私の宅に同居してたのは、四十二三の時分でしたが、余り若く見えるので、私の友達どもが長南おさなみは怪しからん奴だ! 近頃若いめかけを引っ張り込んでる。――そう言って私を攻撃したものです。』――

 く述べて長南おさなみ氏はカラカラと打笑いました。私もおぼえず筆をさし置いて共に笑いながら、

『時にその貴下あなたの姉さんのお写真はお手許にありませんか。しおりなら拝借したいものですが……』

『ある事は一枚在ります。しかし丸出しの田舎者いなかものが、田舎の写真屋でったものですから、実物よりは大変けて見えます。』

 く述べて長南氏は夫人を呼んで一枚の手札形の写真を出して見せてくれましたが、成ほど二十代としか見られない、体格の良い田舎婦人が写っていました。


はしがき

目  次

二 湯冷しを飲みて吐血


心霊図書館: 連絡先