続幽魂問答

八 帰幽後の状況

山本。さて先刻の霊璽の箱もいよいよ出来したれば、それがし海水にてきよめ置きたり。追々にうつり玉え。

幽魂。その儀はまことに御苦労に存ずる。――御法通り、万端の準備ようい出来たる上は、即刻遷り申すべし。

宮崎。しばらく待たれよ、承り落せることあり。――すべて人霊帰幽すれば、多くの霊一所に集まり、一塊となりて万代同様に残るものか、それともそれぞれ別の形を備えてるものか。又その形はいかなる形か。

幽魂。先月も申しし如く、幽界の秘事を白地あからさまに顕世の人に漏らし難き事情あり。問われて益なく又語りても耳に入るべきにあらず。耳に入らぬことは却て疑いの心を誘いて、害となるべし。

宮崎。予は幽事を疑う者の疑念を解かんがめに質問は仕らず。ただ天地の真理を知るの一助にもと思うばかりなり。縦令たとえ耳に入らぬまでも一応おしえ玉え。

幽魂。さらば一と通り語り申すべし。尋常に帰幽したる同気の者に限りて一所に集まり居れどそはただ居所が同一というまでにて多くの人々の霊が一つに成るにはあらず各人皆別々なりあたかも志の同じき者は幾人にても集合して一つになることあれどそは一時の事にて万代までも一つになるにはあらず要は離合自在というまでなり又霊魂の形は顕世の人の若き時と老いたる時とに変りあるが如く折にふれて少しづつ変ることもありされどこの理は今述べ難し又現世にありし時忠孝その外の善事を努め誠実に心を尽しながその誉れ世に現われずして帰幽したるものは幽界にて賞誉を受けその霊魂は太く徳高くなり又顕世に功績ありてその功績だけの賞誉を顕世にて受けたる者は幽界にて人並みの取扱いを受くるに過ぎず又顕幽後新たに功を立てて高く貴くなる霊もあれば現世にて善人なりしものが帰幽後怒に駆られてその地位の引き下げらるるもあり総じて生前死後ともにこれで安定ということはなき也。又人の霊魂中には主宰の神の御計らいにて再び人世に生れかわるもあり。それ等の事は、永く幽界に居れば次第次第に解るなれど、われ等の如き霊魂が幽界の事情に就きて知り得る範囲は極めて僅かなり。之を要するに顕幽ともに大本の道理は一つなれど事物の上に現わるる趣きは大に異なるものにて幽に在りては容易に顕の事を知り難く又顕より幽の事理は容易に弁へ難し現世の諸宗門又儒道などが兎や角幽界の事を説けどそは真実と思うは惑いなり


七 幽魂の揮毫

目  次

九 霊遷しの式


心霊図書館: 連絡先