続幽魂問答

七 幽魂の揮毫

宮崎。其許そこもとが切腹せられし年号は深く包まるるに由り重ねて尋ねまじきが、御存生の時の帝都みやこは大和か山城か、た近江なりしか。

幽魂。すでに山城にさだまりての後なり。延暦えんりゃくよりは遙かに後なり。

吉富。家康公治世の後か?

幽魂。家康公? その様なる事はまだきき申さず

吉富。頼朝公前後か?

幽魂。それ等は答えませぬ。前にも約束せし通り年号と君父の上は語れませぬ

宮崎。先日其許そこもと揮毫きごうを拝見するに、なかなかの名筆でござる。しかるにその時の書はただ姓名のみにて人に見せるに適せねば、別に人にも見せてよき字を五字にても三字にでも書き残し玉われよ。是非ぜひ是非ぜひに。

かく云う間にも傳四郎は墨を磨りて揮毫の用意をしました。すると大工の所から、霊魂の鎮まるべき霊璽の箱が出来たれば検査して貰いたいとの通知がありましたので、山本神職が大工の許へ出張し、そのあとで、宮崎氏がしきりに揮毫を迫ったのでした。しかし霊魂はなかなか承諾を与えようとはしませんでした。

幽魂。霊魂が、何の必要ありて筆蹟を顕界にのこすべきぞ。おかしくも面白くもなき事なれば、その儀は平におことわり申すなり。先月は書かねば疑惑を解き難きめ、止むを得ず書きもしたれ、今更それを望まるるは余りに物ずきに候わずや。

 老巧の吉富医師が傍から加勢に出ました。

吉富。イヤ其許そこもとの御剣が久我浦なる宮崎家に伝わり、その剣にて加持を受けられしさえあるに、今又その人より神号をも授けらるるとは、よくよく深き幽縁のあればなるべし。されば是非ぜひ一字なりと筆を染められよ。それこそ宮崎家にとりて、こよなき紀念きねん物なるべし。

宮崎。げて『剣』の一字なりと書し玉え。その他何字にても、御心のまま筆を染められよ。

幽魂。イヤきつい理責めじゃ。さらば是非ぜひに及ばず、一字なりとのこすことに致すでござろう。

 そう言って彼は筆を執りて、そのさきを熟視しましたが、少しくの脱け出でたるを発見して指でつまみ取りて紙に移しました。それから指を拭い姿勢を正しくして『楽』の一字を書きました。折から山本神職は大工の所から帰り、この書を見て感歎しました。

山本。さてもさても見事でござる。まだ墨痕の乾かざる四五百年前の古筆を拝覧するとは世にも稀れな事柄でござ

 と言えば居合わせた他の人々も『成程その通りでござる』と口々に囃し立てたのでした。その書は今も宮崎家に秘蔵されてあるそうです。


六 黄金十一枚

目  次

八 帰幽後の状況


心霊図書館: 連絡先