幽魂問答

Today:1 / Yesterday:0 / Total:24393

浅野和三郎著

底本:「心霊文庫第2篇 幽魂問答」 

心霊科学研究会

1930(昭和5)年06月20日発行

※ 青空文庫の「旧字、旧仮名で書かれた作品を、現代表記にあらためる際の作業指針」に基づいて、底本の旧字表記をあらためました。

※ 底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」(区点番号5-86)を、大振りにつくっています。

※ また、HTML化に際して、底本中の傍点表記を、下線表記に置き換えました。


入力: 老神 いさお


 最近……ホンの最近に到り日本の読書界はようやく心霊上の真面目な参考書を要求するようになりました。随分その時期の来るのが遅かったですが、しかしそうした機運がまるきりきざさないよりかもどれ丈結構だか知れません。今回私どもが思い切って「心霊文庫」の刊行をくわだつるに到った所以ゆえんももちろんこの機運に追随したものであります。各編の紙数はほぼこれを一定し、長いものは適宜二冊三冊に分割することに致します。これを要するに最も簡便至廉な方法で斯学しがくの普及を図りたい念願であります。

 何卒大方の士がこの趣旨に賛同せられ、極力御後援を与えらるることを切望致します。

    昭和五年五月            編者誌


 

目  次

はしがき


心霊図書館: 連絡先