幽魂問答

三 加賀武士の幽魂

 宮崎氏はやがて長剣を鞘に収めて信太郎に手渡し、奥の一ト間に退いて密に病人の動作を窺いました。病人は暫時しばし平伏の後、やおら頭をもたげ、弟の持てる長剣にきっと眼をつけ、鍔元つばもとより見上げ見下ろし熟覧する様、意味ありげに想いやられましたが、やがて眼顔めがおもて、その長剣を汝の膝に上げよとの風情を示しました。先刻から恐怖の余り、おののきたる信太郎は、耐らなくなったものと見えまして、そのまま席を立ちて逃げ出しにかかりますと、父の傳四郎が側から声を励まし、『動いてはならぬ。怖くも何ともない。俺がるぞ』と怒鳴どなりました。そして今度は病人に向い、眼をいからしてののしりました。『こりァ怪物、我児を悩ますとは奇怪至極じゃ。この上は大切の神法、蟇目ひきめの矢先にかけて打放って貰うからそう覚悟致せ。』

 傳四郎はやがて宮崎氏の前に来て、『かく長らく御加持を為し下されましても、どうしても本体を現はしませぬから、今は蟇目ひきめの矢先にかけるか、又鳴弦にて打放ち、射除けて戴くより致方がございませぬ。何分にも御依み申します』と言葉を尽して依頼しますので、宮崎氏もこれを諾し早速弓矢及び入用の品々を調え、墨を磨らせて御神号の幡を作らせるなど、万端の準備を整えました。

 宮崎氏は念の為めにモ一度長剣を信太郎の手から取り、抜き放って病人の喉元に切附ける所作をして見ましたが、病人は少しも驚きません、一礼して前なる燭台の蝋燭ろうそくを右手に取り上げ、左手を膝の上に置き、姿勢を正して、差しつけたる剣の鋒尖を、よくよく念入りに熟視するのです。いかに宮崎氏が神文を唱え又剣もて突きかかって見ても少しも動ずる気色を見せませんのでとうとう宮崎氏は剣を再び元の鞘に収めました。そしてその場に居合わせたる医師の吉富養貞に対して『吉富氏、貴下の口から一つ病人に篤と申しきかしてくだされ。今回は止むことを得ず、鳴弦又蟇目の重き法をもって、射放ち打砕かねばならぬ事に立ち到ったが、そもそもこの神法は、天照大神の授け給いしあま羽々矢はばやあま杷弓はじゆみの御故実にして、神々守護の弓道なれば、此所ここに行いても彼所に応じ、顕世に行いて幽界に通じ、仮令たとえ幾百千里をへだつとも、この法を修するにおいては、その敵にあたらずという事なく、一矢を放てば総身に響き、二矢を放てば四十八骨に徹し、三度四度に及びては、いかなる邪気も人体を離れざる事かなはざる神法なり。かくて十矢に至れば、離れたる邪魂は雲霞の如く消失し、人体を悩ませてその望みを達せんと思いたることは却って我身の仇となり、魂魄こんぱく永く死滅の憂目を見るなり。敢て生を害することを好むにあらざれど、汝今人体に憑りてこれを悩ますが故に、斯道しどうに仕うる身の黙止し兼ねて、こここの神法を施行せねばならぬが、念の為めに今一応汝が心底を問いたださむ。一命を失いても汝は此家ここの一子を滅ぼす心か、それとも他に希望のことありてこの肉体に憑き纏ふか。二者いずれか、速かに答えよ。あくまでも肉体を離れじとの一言を吐かば、止むなく直ちに弓矢の法を修せむ。ゆめゆめ世の追掛の威などと思い侮り、後悔すな、と貴下からそう病人に申伝えてくだされ』

 吉富医師は早速その旨を了承し、病人の前に到り、右の趣をつまびらかに語ってきかせますと、病人は打被りし夜具を押除け、座を正し、言を改め、両手を膝に置いて一拝して申しますには『く正しき理を攻めて懇ろに申さるる上は、最早もはや何をか包みましょう。は怪物でもなく、又野干のぎつねの類でもござらぬ。元は加賀国の武士にて、父のあとを追いこの地に来り、無念の割腹を為したる者の幽魂でござる。一条の願望を果さん為めに、従来当家の者に崇りしが、残念ながら未だ叶を得ずにった次第でござる。』

 一旦言語が切れ出すと共に件の幽魂は年来の積る思いを縷々と述べ出しました。まり動くものは市治郎の口でありますが、これを動かすものは武士の霊魂なのであります。そこで宮崎氏は感歎すべき冷静と思慮とをもって件の霊魂に質問を連発しました。一問一答、幽冥界と現実界との間に完全なる連絡がつきましたのは、心霊現象につきての厳密なる研究が出来上って居なかった天保時代の出来事としてまことに感歎に値するものがあります。以下幽魂と宮崎氏との間に行われし問答をそのまま掲げることに致します。


二 野干か生霊か

目  次

四 生前の姓名は泉熊太郎


心霊図書館: 連絡先