幽魂問答

一 事件の発端

 今をへだたること約九十年の昔、天保十年七月四日の事――ここに筑前国志摩郡伎志浦の酒造家で庄屋を勤むる者に岡崎傳四郎というものが居ましたが、その長男の市治郎なる青年が、この日の午後四時頃突然重い瘧疾わらはやみに襲われた。話はそれから始まるのです。

 無論同家では最初はただの病気と思い、百方医療に手をつくしましたが、幾日経っても少しも効験がない。そして八月に入るに及びてますます重態となり、からだが餓鬼のように痩せ衰えてしまった。これは大変というので各所の神仏に修法祈祷を依んで見たが矢張り少しのきき目もない。やがて八月二十四日の午時うまどきから病人は変梃へんてこな身振り手真似を始め、さながら発狂者のようになって来た。『こいつァいよいよ常の疾病のみではあるまい。それなら宮崎さんに依んで一応加持をやって戴こう』とうとうそういう話になりました。宮崎さんというのは加賀守大門のことで、同地方で有名な神道の修法家なのであります。

 一体この岡崎家は不思議なたたりのある家で代々不具者が生れる。しかも奇妙に七月四日という日が同家に取りて不吉な日で、傳四郎の先代もまた、今度の市治郎と同じく七月四日に突然大病にかかって死んだのでした。お負けにその発病状態までが二人とも全然符節を合するが如しというのだから、いよいよもってきき棄てならないのでした。

 ドーも同家の元の屋敷跡がクセ物らしいのです。その屋敷には夜な夜な怪異があって住み難いというので,先年今の所に引越し、元の屋敷跡には怪異鎮めの観音堂を建て、それを普門庵と呼んでいたのでしたが、市治郎も又先代もその普門庵へ行った時に急に病みついたというのです。

 七月四日……先祖代々の崇り……屋敷跡の普門庵……変挺へんてこな身ぶり手真似……いよいよ不可思議現象の道具立がすっかり揃って来たのであります。


 『幽魂問答』

目  次

二 野干か生霊か


心霊図書館: 連絡先